福井大学

お気に入り登録

基本情報

大学の基本情報
大学名
福井大学
本部所在地
福井県福井市
設立年(設置認可年)
2004
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
0776-23-0500(代表),0776-27-8936, sssoumu-k@ad.u-fukui.ac.jp(総務課)
大学の種類
国立・大学
総学生数(学部)
4039
総学生数(大学院)
1010
総教員数(本務者)
627

(2018年5月1日現在)

大学ホームページへ(外部リンク) 大学沿革ページへ(外部リンク) 資料請求へ(外部リンク)
大学の教育研究上の目的や建学の精神
 福井大学は、学術と文化の拠点として,高い倫理観のもと,人々が健やかに暮らせるための科学と技術に関する世界的水準での教育・研究を推進し,地域、国及び国際社会に貢献し得る人材の育成と,独創的でかつ地域の特色に鑑みた教育科学研究,先端科学技術研究及び医学研究を行い,専門医療を実践することを目的とします。
大学の特色等
 福井県唯一の国立大学である本学は,教育学部,医学部,工学部,国際地域学部の4学部を有し,学術と文化の拠点として,高い倫理観のもと,人々が健やかに暮らせるための科学と技術に関する世界的水準での教育・研究を推進し,地域,国及び国際社会に貢献し得る人材の育成と,独創的でかつ地域の特色に鑑みた教育科学研究,先端科学技術研究及び医学研究を行い,専門医療を実践することを理念として掲げている。また,全国最多の原子力発電所を有する福井県に立地する大学として,附属国際原子力工学研究所を有している。
就職率では,複数学部を有する卒業生1,000人以上の国立大学において11年連続1位(大学通信調査。2018年7月発表)となり,高い就職率を維持している。
教育研究上の基本組織

その他の学内組織

共通教育部
附属図書館
産学官連携本部
附属国際原子力工学研究所
高エネルギー医学研究センター
遠赤外領域開発研究センター
子どものこころの発達研究センター
ライフサイエンス支援センター
ライフサイエンスイノベーションセンター
地域環境研究教育センター
アドミッションセンター
高等教育推進センター
語学センター
国際センター
キャリアセンター
地域創生教育研究センター
地域貢献推進センター
災害ボランティア活動支援センター
総合情報基盤センター
全学教育改革推進機構
COC推進機構
原子力医工統合研究推進機構
ライフサイエンスイノベーション推進機構
子どものこころの発達教育研究推進機構
国際化推進機構
産学官連携・地域イノベーション推進機構
重点研究高度化推進本部
テニュアトラック推進本部
保健管理センター
附属幼稚園
附属義務教育学校
附属特別支援学校
附属病院
大学ホームページで確認する(外部リンク)
キャンパスの概要
キャンパスの概要画像
評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

  評価機関 評価年月
第2期中期目標期間に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2017年06月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
第1期中期目標期間に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2011年05月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成27年度実施大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2016年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成21年度実施大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2010年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成27年度教職大学院等認証評価 一般財団法人教員養成評価機構 2016年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成23年度教職大学院等認証評価 教員養成評価機構 2012年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成28年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2017年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成27年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2016年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成26年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2015年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成25年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2014年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成24年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2013年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成23年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2012年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成22年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2011年10月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成21年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2010年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成20年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2009年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成19年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2008年10月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成18年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2007年10月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成17年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2006年09月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成16年度に係る業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2005年09月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生支援

修学支援

 本学では,学生1名に対し,1名の助言教員をつける助言教員制度を設けており,個別に履修指導を行う体制となっています。助言教員は担当学生の各種情報を教務システムから閲覧できるようになっており,入力された学生の様々なデータを学生指導に役立てています。なお、教員と相談し問題が解決しない場合や問題の性質上教員に相談しにくい場合には学生総合相談室の専任スタッフに相談することができる重層的な修学支援体制をとっています。
 また,学生の経済支援では,平成26年度より大学独自の給付型奨学金として,学部学生及び大学院生の授業料免除申請者(外国人留学生除く)のうち,審査の結果半額免除となった者の中から,選考により一時修学支援金として、10万円を給付する制度を導入するなど,限られた資源を最大限に活かし,より良い修学支援を実現する工夫を行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

心身の健康に係る支援

 保健管理センターで,身体面の病気や怪我などの相談や応急処置の要請,さらに不安や悩みなど精神面で相談に応じています。内容により,医師・看護師・保健師・男女カウンセラーのいずれかが対応を行っています。
 学生総合相談室は,精神的な悩みや学業上の問題にとどまらず,学生生活を送る中で生じるさまざまな問題等について本学カウンセラーが相談を受け,学内外関係機関等と連帯の下に問題解決等の一助となることを目的としています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援

 本学では,外国人留学生への支援として,各学期授業開始前に包括的なオリエンテーションを行っており,住民登録等の行政手続きや銀行の出張窓口,警察からの生活安全に関する説明,生活上の注意事項,奨学金の説明,キャンパスツアー,ウェルカムパーティなど全4日間を費やし,渡日直後でも不安なくキャンパスライフになじめるよう,国際課を中心として支援を行っています。体制としては,国際センター内に留学生の生活全般から就職活動支援まで行う専任教員を1名配置しており,留学経験のある国際課職員とともに支援にあたっています。それに加え,渡日後1年以内の留学生にはマンツーマンのサポート役として留学生チューター(日本人学生・先輩留学生)を配置しています。そのほかに登録制の留学生サポーター(日本人学生・先輩留学生)も必要なときに動員できる体制を整えています。
 また,語学センターにはラウンジ「Global Hub」が設置されており,多数の留学生が日本人学生やほかの留学生と交流を図ることで,充実した留学生生活を送るための友人づくりのミーティングポイントとなっています。Global Hubでは,交流イベントが頻繁に行われており,学生のみならず,語学センターの教員を中心に外国人教員も運営に携わっています。
 さらに,語学センターでは,5つの日本語プログラムがあり,全学日本語コースでは習熟度別に4コースが開講されているだけでなく,日本語能力試験のための対策講座がN-1,N-2の各15回コースが前期及び後期で年2回開講され,日本語のレベルアップが図られています。就職支援においても,留学生就職支援プログラムの開講や留学生向け企業説明会,内定者向けセミナー等を行い留学生就職支援は充実しています。
 毎年,年度末には「留学生との交歓会」が開催され,学内教職員のほか,留学生が日頃から支援を受けている関係団体や交流の深い学外の方々を招き,修了の留学生挨拶や余興,合唱などを食事を取りながら行い交流を深めています。
 本学には,留学生同窓生の有志が組織する12か国15支部の留学生同窓会があり,大学との様々な連携を行っており,ネットワーク誌「こころねっと」の発行を通じて定期的な交流により有益な関係を築いています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援(日本人学生への支援)

 本学では,主に短期海外研修プログラム(数日~3ヶ月程度)及び学術交流協定校への交換留学(半年~1年)の2つの留学機会を学生に提供しています。短期海外研修プログラムは,多様な学生のニーズに応えられるよう,教職員の協働により年間50種類以上のプログラムを用意し,それらを研修内容や習得を目指す能力別に体系化することで,学生が目的や学習段階等に合わせて適切な研修を選択・参加できるようにしています。学術交流協定校への交換留学については,学生がより幅広い視点で留学先を選択できるよう,協定校情報の充実及び可視化に注力しており,また長期的かつ段階的な留学計画・準備を支援するツールとして「海外留学ロードマップ」を全学的に配付し,海外留学の動機づけ,基礎情報の提供,スケジュール・目標管理及び成果測定の一助としています。
 大学が提供するプログラム以外にも,個人留学を含む多様な海外留学を個々の学生に最適な形で実現できるよう,学内外の留学プログラムや留学のための奨学金については専用ホームページにて最新情報を公開しているほか,学内の留学情報コーナーや留学関心者向けメーリングリストによる情報配信など,多角的な情報提供を行っています。また、豊富な海外経験・知識を持つ職員による留学相談を常時受付け,留学や留学先に迷う学生には国別情報や詳細な渡航先情報の提供に加え,過去の留学学生との面談機会を設けるなどして留学の後押しをしています。大学で実施している長期休暇中の短期語学研修や異文化体験型の短期研修の参加者募集にあたっては,より幅広い学生に研修内容を紹介し参加を検討する上での疑問点を解決する場として事前説明会を開催しています。各外国語授業や外国語自主学習施設での周知及び参加促進も行い,関心を見せる学生がいた場合は国際課への問合せ・相談を促す流れを全学的に整えています。
 本学が提供する留学プログラムについては,全参加者を対象に事前オリエンテーションを実施し,参加にあたっての心構えや危機管理について渡航前に説明を行っています。また、留学前後には,本学が育成を目指すグローバル人材が持つべき知識・能力・資質を段階的に示したルーブリック、「福井大学グローバル・コンピテンシー・モデル」を使用した記述式の自己評価の実施を参加者全員に義務付け,明確な目的・目標を持って留学をすることにより渡航先での学習効果を高める,また留学中の学びを最大限帰国後の自己成長につなげることに役立てています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

障害者支援

 「障がいのある学生及び教職員のための相談室」を保健管理センター(松岡キャンパスは保健センター)、学生総合相談室内に設置しています。
 「障がいのある学生及び教職員のための相談室」は、病気・負傷や障がい等があることを理由として、修学や大学生活上での悩みごとや困りごとがある方やその関係者の方が入学前、入学後それぞれの段階で相談できるところです。
 障がいの有無にかかわらず、様々な個性や特徴をもったすべての学生及び教職員がお互いを認め学び合う、支え合う環境や関係づくりを目指し、以下の活動を行っています。
 ・修学や大学生活上での配慮についての相談対応
 ・修学面における学生対応について、保護者の方や教職員の方へのコンサルテーション
 ・関係部局や教職員の方々との連携・協働による全学的な学生支援体制の構築
 ・全学及び部局へのFD等を通しての広報・啓発活動
 ・障がいのある学生をサポートする学生の養成・派遣
 ・障がい者支援に関する調査・研究
 ・他機関・他大学・地域等との連携・ネットワーク形成
大学ホームページで確認する(外部リンク)

就職・進路選択支援

【福井大学生専用のキャリアサポートシステム】
 企業などからの求人票の情報をデータベース化し,学内や自宅のパソコンを使用してweb上で閲覧できる「福大キャリアサポートシステム」を構築しています。携帯電話・スマートフォンからも閲覧が可能です。登録学生には,メールによる情報発信も行っています。さらに,学内ガイダンス・個別企業説明会の予約や先輩の就活体験記の閲覧,過去のガイダンスの動画視聴もできます。

【就職相談・模擬面談】
 本学では,各学部・大学院に就職委員・就職担当教授が配置されており,学生には就職に関する相談をいつでも行うことができます。また,本学専属キャリアカウンセラーによる就職相談や履歴書の添削,模擬面接を平日10時~17時の間いつでも利用できます。

【就職ガイダンス】
 年間を通して約60回以上のガイダンスを開講しており,就職活動に慣れない学生の不安の解消に努めています。
(主なガイダンス)
自己分析講座,面接対策講座,エントリーシート作成講座,OB・OGによる業界企業研究講座,就活マナー・メイクアップ講座,内定者による就活体験報告会,企業人事担当者による業界企業研究講座,集団グループディスカッション体験講座,インターンシップ対策講座 など

【福井大学サテライトキャンパス】
 福大生の就職活動を応援する第2のキャリア支援室「福井大学サテライトキャンパス」を全国4拠点(新宿、大阪、広島、福岡)設置しています。PC・プリンター・新聞雑誌・更衣室・充電器・本学指定の履歴書など,全て無料で利用できます。

● 企業就職対策
【企業訪問】
 業界・企業理解,職業観早期構築の一助として,夏休み期間中に企業訪問を行っています。福井県内をはじめ,中京エリア,関西エリアなどの企業を訪問し,職場見学やOB・OGとの交流などを通じ,就職活動が本格化する前に様々な企業に触れる機会を提供しています。

【学内合同・個別企業説明会】
 企業の情報収集などを図るため,県内外の企業の人事担当者やOBOGを招いて,学内合同企業説明会,学内個別企業説明会を実施しています。

● 教員採用試験対策
【教員採用試験対策勉強会】
 教員採用試験対策として,模擬面接や集団討論・教職教養・小論文等の対策勉強会を,キャリア支援室・就職委員会・附属教育実践総合センターが連携して開催しています。

公務員試験対策
【公務員講座】
 福井大学生活協同組合との共催により,学内公務員試験対策講座(有料)を10ヶ月にわたって実施しています。広範囲な筆記試験を乗り越えるための講座として,毎年多くの学生が受講しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
課外活動

クラブ活動の状況

・現在本学には,文京キャンパスに体育系54サークル,文化系37サークルが,松岡キャンパスに体育系23サークル,文化系21サークルが活動しています。
・課外活動のための施設として,正課授業に支障のない範囲で,体育館,運動場,野球場,テニスコート等の施設が使用できます。その他サークルの部室がある課外活動共用棟があります。
・各サークルは,各種大会,発表会,イベント及び地域との交流や各大学が共同で開催している大会である北陸地区国立大学体育大会,北陸三県大学学生交歓芸術祭,西日本医科学生総合体育大会に積極的に参加しています。
・サークル活動以外に,課外活動の支援を目的として,両キャンパスでテント,クーラーボックス,ソフトボール用具等を貸し出ししています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

ボランティア活動の状況

・本学ホームページにサークルの一覧表を掲載し,学生ボランティアを希望する団体等に情報提供を行っています。
・サークル以外に,大学で学んだ専門知識を生かして地域に密着したボランティア活動を行っている学生・団体もあり,彼らの活動を学内の広報誌に掲載しその活動を支援すると共に,具体的な活動情報を提供することにより多くの学生がボランティア活動に参加するよう奨励しています。
・彼らのボランティア活動を支援するため、課外活動用物品や施設の貸し出しを行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生寮の整備状況

学生寮の有無
所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
〒910-0017 福井県福井市文京5丁目13番10号 ・文京キャンパスへは徒歩約10分,松岡キャンパスへは交通機関利用で約50分
・松岡キャンパスへのアクセスは,キャンパス便(文京キャンパスと松岡キャンパス間を結ぶ無料の定期便バス)があり,第一便は,文京キャンパス を朝8時に出発し,1時限に間に合います。ただし,帰宅時間は各自で異なるためキャンパス便を利用できないことが多く, その場合は公共交通機関利用となります。
209 4700
入寮条件
・本学に入学する者で,自宅からの通学が困難で,かつ経済的に苦しい者。
・共同生活を送る上で,本学の規則等を遵守できるもの,又はその意志のある者。
 たとえば,寄宿料等の経費を滞納しないことや,学生宿舎の風紀や秩序を乱さないことは当然です。他に宿舎の施設・設備の保全,鍵の管理,宿舎内の保健衛生,火災予防等に心がけることや,入居者全員で組織する自治会活動への参加や規則の遵守も含まれます。
   また,規則上,入居許可期間は,当該年度限りです。ただし,次の年度も居住を希望する時は,標準修業年限を限度に入居期間延長の願い出ができます。すなわち,願い出が認められた場合でも,入居の最長年限は決まっていることをあらかじめご理解願います。
特色
【福井大学国際交流学生宿舎】
 学生の勉学及び生活のための良好な環境を整備するとともに,「本学の日本人学生と外国人留学生」との相互理解を深め,国際交流を促進することを目的としています。
・B棟,C棟には,身障者用対応の居室各1室があります。
・宿舎は,鉄筋コンクリート5階建のA棟と同4階建のB,C棟からなり,共同施設としてシャワー室,ランドリー,多目的ホールがあります。
・各室には,机,椅子,吊り棚,ミニキッチン,ユニットトイレ,冷蔵庫,エアコン等が備えられています。
・居室の面積は,12㎡です。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月7日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
〒910-0017 福井県福井市文京5丁目13番10号 ・文京キャンパスへは徒歩約10分 29
入寮条件
・本学に在学する外国人留学生並びにその配偶者及び子
・その他国際センター長が適当と認めた者
特色
【福井大学留学生会館】
 福井大学に在学する「外国人留学生」に居住を提供してその勉学を援助し,併せて国際交流に役立てることを目的として設置したものです。
・会館は,鉄筋コンクリート4階建のA棟(単身者用)と同2階建のB棟(夫婦,家族用)の2棟からなり,建物延べ面積は1,035㎡,敷地面積は1,625㎡です。A棟には,多目的室,和室等があります。
・単身室(16㎡:5,900円)25室,夫婦室(35㎡:11,900円)2室,家族室(53㎡:14,200円)2室の29室があります。
・各室には,ユニットバス・トイレ,流し台セット,ベッド,学習机,回転椅子,学習スタンド,書棚,整理タンス,冷蔵庫,冷暖房機等が備えられています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月7日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
910-1142 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島34-14-1 ・松岡キャンパスへは,徒歩5分程度 16
入寮条件
・医学部及び大学院医学系研究科に在学する留学生及びその家族
・医学部及び高エネルギー医学研究センターにおいて研究に従事する研究者及びその家族
・その他館長が必要と認める者
特色
【福井大学国際交流会館】
 福井大学に在学する外国人留学生及び外国人研究者に居住を提供してその勉学及び研究を援助し,併せて国際交流に役立てることを目的として設置したものです。
・会館は,鉄筋コンクリート2階建の単身棟と同2階建の世帯棟の2棟からなっています。
・単身室(10㎡:5,900円)10室,夫婦室(43㎡:11,900円)2室,家族室(53㎡:14,200円)4室の16室があります。
・各室には,ユニットバス・トイレ,ベッド,学習机,回転椅子,学習スタンド,書棚,整理タンス,冷蔵庫,
 冷暖房機等が備えられています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月7日現在)