香川大学

お気に入り登録

基本情報

大学の基本情報
大学名
香川大学
本部所在地
香川県高松市幸町1番1号
設立年(設置認可年)
1949
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
087-832-1000
大学の種類
国立・大学
総学生数(学部)
5655
総学生数(大学院)
744
総教員数(本務者)
608

(2018年5月1日現在)

大学ホームページへ(外部リンク) 大学沿革ページへ(外部リンク) 資料請求へ(外部リンク)
大学の教育研究上の目的や建学の精神
【理念】
世界水準の教育研究活動により、創造的で人間性豊かな専門職業人・研究者を養成し、地域社会をリードするとともに共生社会の実現に貢献する。

【目標】
<教育の目標>
豊かな人間性と高い倫理性の上に、幅広い基礎力と高度な専門知識に支えられた課題探求能力を備え、国際的に活動できる人材を育成する。

<研究の目標>
多様な価値観の融合から発想される創造的・革新的基礎研究の上に、特色ある研究を開花させ、社会の諸課題の解決に向けた応用的研究を展開する。

<地域貢献の目標>
「知」の源泉として、地域のニーズに応えるとともに、蓄積された研究成果をもとに、文化、産業、医療、生涯学習などの振興に寄与する。
大学の特色等
香川大学は、6学部7研究科を擁する総合大学として、学術文化の発展に寄与しています。

教育においては、大学教育基盤センターを中心に大学改革と連動した教養教育の充実を行っているほか、学生の様々な学修意欲に応えるため、学部の枠を超えて学生が主体的に学習する「ネクストプログラム」、最先端の研究やリアルタイムな社会問題の現場を間近に触れることができる「アドバンスト・セミナー」や学生自らが発案・企画実行する「香大生の夢チャレンジプロジェクト」などの特色あるカリキュラムが充実しています。図書館のラーニング・コモンズやOLIVE SQUAREの学習ラウンジなどの学修環境も整えています。中でも、長期海外留学を目指す「グローバル人材育成プログラム」、楽しく英語を学び慣れ親しむことのできるイングリッシュカフェなど特に国際的な視野を持つ人材の養成に重点的に取り組んでいます。

研究面では、研究戦略室が中心となって、世界トップの研究成果を誇る希少糖をはじめ、微細構造デバイス、防災危機管理、K-MIX、植物ゲノム、糖尿病対策、瀬戸内圏研究など本学の強みとなっている研究分野をさらに強化・推進し、世界にその成果を発信していきます。

地域との連携においては、サテライトオフィスを県内6箇所に開設し、地域の方々の生涯学習の場として利用いただいています。また、地(知)の拠点整備事業(COC)の「瀬戸内地域活性化プロジェクト」では、地元自治体と連携し、学生のフィールド教育を通じて、地域の課題解決に取り組んでいるほか、地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)の「うどん県で働こうプロジェクト」では、学生にとって魅力ある就職先を創出・開拓するとともに、香川県・県内大学等が連携して地域が求める人材を育成し、若年層の地元定着を推進する取組を促進しています。

本学は、「地域の知の拠点」そして「地域に根ざした学生中心の大学」として、地域に貢献する魅力あふれる大学を目指します。
教育研究上の基本組織

その他の学内組織

図書館
博物館
四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
国際希少糖研究教育機構
大学教育基盤センター
アドミッションセンター
学生支援センター
キャリア支援センター
地域連携・生涯学習センター
四国グローバルリーガルセンター
総合生命科学研究センター
微細構造デバイス統合研究センター
瀬戸内圏研究センター
総合情報センター
産学連携・知的財産センター
インターナショナルオフィス
保健管理センター
医学部附属病院
教育学部附属教職支援開発センター
農学部附属農場
教育学部附属幼稚園
教育学部附属高松小学校
教育学部附属坂出小学校
教育学部附属高松中学校
教育学部附属坂出中学校
教育学部附属特別支援学校
学長戦略室
教育戦略室
研究戦略室
地域・産学官連携戦略室
広報室
大学評価室
男女共同参画推進室
大学連携e-Learning教育支援センター四国
大学ホームページで確認する(外部リンク)
キャンパスの概要
キャンパスの概要画像
評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

  評価機関 評価年月
大学機関別認証評価 独立行政法人
大学評価・学位授与機構
2016年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
経営系専門職大学院
認証評価
公益財団法人
大学基準協会
2014年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生支援

修学支援

■オフィスアワー
オフィスアワーとは、学生の授業内容等に関する質問・相談に応じるため、教員が必ず研究室に在室している時間帯のことです。授業等について分からないことがありましたら、お気軽に研究室を訪ねてみてください。

■自習室
自主的な学習をサポートするため、キャンパス内に自習室を用意しています。授業の空き時間等に利用できます。

■新入生修学相談
毎年、新入生を対象として、「修学相談会」を実施しています。修学相談会では、履修登録に関することだけではなく、全学共通教育全般に関する相談を受け付けています。

※その他にも、「アドバイザー制度」や「新入生対象合宿オリエンテーション」等を実施しております。詳しくはHPをご確認ください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

心身の健康に係る支援

■なんでも相談窓口
学生のための「なんでも相談窓口」を開いています。学生生活を送っていく過程で生じる疑問点、種々の悩み等の相談に応じています。また、女子学生専用の窓口もあります。
■心と体の健康相談
保健管理センター内に「心と身体の健康相談窓口」を設置しています。医師、保健師による健康相談や応急処置のほか、専門の心理カウンセラーによる心理相談を行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援

■留学生を対象とした奨学金制度
香川大学独自の奨学金のほか、外部団体の奨学金も利用できます。
また、条件によって、授業料免除制度も利用できます。

■サポーターによる生活支援
最初の1か月は、担当学生が、留学生が生活に慣れるお手伝いをします。

■チューターによる学習支援
最初の1年は、指導教員が定めた担当学生が、留学生の学習・研究を中心に支援します。

■留学生寮の設置
混住寮である上之町国際寮をはじめ、留学生会館・花園寮といった留学生が入居できる寮を用意しています。

■TA・RAによるサポート
香川大学が、留学生をTA(Teaching Assistant:ティーチング・アシスタント)・RA(Research Assistant:リサーチ・アシスタント)として雇用することで、教育能力・研究能力の向上を図りつつ、手当支給による勉学支援の一助とします。

■外国人留学生向け生活ガイドブックの作製
日本で生活する上で、便利な情報を記載しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援(日本人学生への支援)

■海外留学プログラム
18の国・地域の59大学(機関)と学術国際交流協定を締結し、海外の大学等へ学生を派遣しています。本学の海外留学には、大きく分けて4つのタイプ【派遣交換留学・インターンシップ・短期語学研修・その他の研修】があり、それぞれのタイプごとに、留学先(国、大学)や時期、応募資格などが異なります。

■香川大学ネクストプログラム(特別教育プログラム)
グローバル化の進む地域社会の課題解決に貢献できる人材、国際的に通用する語学力と専門知識や技能をもつ人材の育成を目指し、在学中の海外留学の実現をサポートします。英語圏(アメリカなど)の学術交流協定校への留学を目指す英語コースと中国語圏(中国、台湾)への留学を目指す中国語コースがあります。

■海外留学のための奨学金
海外の大学等へ留学する場合に、香川大学独自奨学金のほか外部団体の奨学金を利用することできます。奨学金にはいくつもの種類がありますので、詳細はHPをご確認ください。
※多くの奨学金は、留学開始の半年前、又は、1年以上前から募集が開始されます。奨学金の取得を目指す学生は、早い段階から準備を始めましょう。

■海外語学研修・留学(日本人学生派遣)相談窓口
海外語学研修や留学について相談を受け付ける窓口を用意しています。

■渡航前の危機管理セミナー
研修プログラムなどで海外へ渡航する学生は、「危機管理セミナー」に出席いただきます。海外で発生しやすい事件や事故をどのように防ぐのか等、渡航学生が取るべき危機対応について学びます。

■海外留学ガイダンスの開催
協定校への交換留学や短期研修プログラム、奨学金について説明します。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

障害者支援

保健管理センターでは、聴力測定器、看護用ベッド、車イス用トイレ、緊急時のナースコールを設置するなどして、障害のある学生に対する支援体制を整備しています。
また、車イスを使用する学生にはボランティアによる介助、聴覚に障害のある学生にはノートテイカーによる修学支援を行っています。
各キャンパスの施設・設備については、建物入り口のスロープ、点字ブロック、車イス用トイレ、エレベーター等の整備を行っています。
平成27年5月1日より、学生支援センターを設置し、障害のある学生への支援に関わる総合窓口として、バリアフリー支援室を整備しました。
教育・学生支援室、各学部、保健管理センター等と連携して支援実施体制の充実を図り、学生一人ひとりに応じた支援を検討していきます。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

就職・進路選択支援

キャリア支援センターが中心となり、各学部と連携を取りながら、就職を希望する学生を様々な形でバックアップしています。

■就職ガイダンスの実施

■専門相談員による就職個別相談
就職活動に際していろいろな不安や悩み、分からないこと等何でも気軽に相談することが出来ます。
個室で受けられ、プライバシーも守られています。
相談以外では模擬面接、エントリーシート・履歴書の書き方についての指導も行っています。

■香川大学就職活動サポーター「BEST」による支援
「BEST」とは、後輩のために就職支援セミナー等を企画・実施したり就活のアドバイスをする内定者の団体です。就職活動中の後輩に対して、自ら経験したリアルな就職活動体験をもとにアドバイスや、内定者懇談会、個別懇談会、グループディスカッション等、様々な活動を行っています。

■キャリア支援システム(求人票検索・OBOG検索)
香川大学に届いた求人票・会社説明会・公務員試験案内を随時更新しています。
求人検索・OBOG検索等、就職活動に便利なツールです。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
課外活動

クラブ活動の状況

香川大学には、文化系サークル・体育系サークルがあります。
幸町キャンパスには文化系サークルは34団体、体育系サークルは36団体あります。
医学部キャンパスには文化系サークルは12団体、体育系サークルは20団体あり、文化系同好会は5団体、体育系同好会は1団体あります。
各キャンパスの学内・学外施設等で日々練習しています。全国大会に出場し、優秀な成績を残す団体も多く、放課後や休日でも熱心に活動しています。子どもたちと交流する機会を多く持つ団体もあり、児童を対象としたイベントを開催しています。また、県内外の自治体等から要請を受け、ボランティアで活動を披露する団体も数多くあります。先輩や後輩、仲間とさまざまな活動を通し、より充実した大学生活を過ごしています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

ボランティア活動の状況

香川大学では、ボランティア活動を目的とした、公認サークルを始めとする団体が数多くあり、学生たちは自主的に社会活動に参加しています。また、サークル活動等で日頃から練習している内容を、地域のイベントなどで披露している団体もあります。
また、本学にはボランティアを必要とする施設や団体から、募集や依頼が多く寄せられています。寄せられた情報は、ボランティア専用の掲示板や各サークルを始めとする団体へ周知しています。多くの学生がボランティア活動に関心を持ち、積極的に活動できるよう支援しています。 
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生寮の整備状況

学生寮の有無
所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
香川県高松市屋島中町280
(男子寮(屋島寮))
■幸町地区(教育、法、経済)まで〔約7km〕
①電車(琴電)利用の場合:電車・徒歩 計約35分
②自転車の場合:約25分

■三木町地区(医学部)まで〔約7km〕
①電車(琴電)利用の場合:電車・バス 計約40分
②自転車の場合:約35分

■林町地区(工学部)まで〔約9km〕
①電車(琴電)利用の場合:電車・バス 計約28分
②自転車の場合:約30分

■三木町地区(農学部)まで〔約9km〕
①電車(琴電)利用の場合:電車 約40分
②自転車の場合:約35分

※寮から最寄り駅(琴電屋島駅)まで徒歩約1分
109 5900
入寮条件
・学部学生(男子)
・通学時間及び家計基準 等
特色
【建物構造】
(南棟)鉄筋3階建、(北棟)鉄筋4階建 

【部屋数】
109室(個室)

【設備等】
・各室備え付け設備品:畳ベッド、机、椅子、エアコン、本箱、洋服ダンス、整理ダンス
・捕食室(簡単な炊事ができる部屋):1~3階に1箇所設置(南・北棟とも)
・食堂なし
・浴室:共同(1階にあり)
・トイレ、洗面所:各階にあり ※各洗面所に洗濯機(2台)、 乾燥機(2台)あり

※インタ-ネット利用可(別途契約)
※寮費は、寄宿料のみの金額(月額)
※光熱水費:実費負担、その他経費:約1,600円(月額)
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月8日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
香川県高松市幸町1-11
(女子寮(若草寮))
※幸町地区北キャンパス内                                                                  
■幸町地区(教育、法、経済)
徒歩数分

■三木町地区(医学部)まで〔約12km〕
電車(琴電)利用の場合:徒歩・電車・バス 計約60分

■林町地区(工学部)まで〔約9km〕
①電車(琴電)利用の場合:徒歩・電車・バス 計約50分
②自転車:約45分

■三木町(農学部)まで〔約12km〕
①電車(琴電)利用の場合:徒歩・電車 計約60分
②バイク:約35分
70 25770
入寮条件
・学部学生(女子)
・通学時間及び家計基準 等
特色
【建物構造】
鉄骨3階建 ※平成22年度新設

【部屋数】
70室(個室)

【設備等】
・各室備え付け設備品:ベッド、机、椅子、エアコン、ミニキッチン、ミニ冷蔵庫
・風呂:各居室にあり
・トイレ、洗面所:各居室にあり ※各階に洗濯室(各5台)あり

※寮費は、寄宿料のみの金額(共益費600円含む)(月額)
※光熱水費:実費負担、その他経費:約2,000円(月額)
※入居時一時金:約25,000円(退居時の原状回復に要する費用)
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月8日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
香川県木田郡三木町大字池戸字中城2340-2
(男子寮(光風寮))
農学部キャンパスまで徒歩5分 30 4300
入寮条件
農学部男子学生(※ただし、1年次生の入居を優先する)
特色
【建物構造】
鉄筋2階建

【部屋数】
30室(個室)

【設備等】
・各室備え付け設備品:ベッド、デスク、洋服ダンス、本棚、電気スタンド 等
・風呂、トイレ:共同

※寮費は、寄宿料のみの金額(月額)
※光熱水費:約4,700円(月額)
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月8日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
香川県高松市屋島中町280
(留学生会館)
幸町キャンパスまで自転車で25分 32 5900
入寮条件
留学生(男女)30名、レジデンスチューター(日本人学生男女)2名
特色
留学生寮に日本人がチューターとして入居しています。

【部屋数】
32室(個室)

【設備等】
・各室備え付け設備品:ベッド、タンス、椅子、書棚、机、冷蔵庫、冷暖房機
・キッチン、洗濯室、シャワー室:各階にあり

※寮費は、寄宿料のみの金額(月額)
※共益費:600円(月額)、光熱水料:実費負担
※退去時の清掃費:7000円
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月8日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
香川県高松市花園町1-9-21
(花園寮)
幸町キャンパスまで自転車15分 15 15000
入寮条件
留学生(男女)13名、日本人学生(男女)2名
特色
民間企業から一棟借り上げし、留学生と日本人学生の交流を目的とした留学生寮として運営しています。

【建物構造】
鉄筋コンクリート2階建

【設備等】
・各室備え付け設備品:ミニキッチン、冷蔵庫、IHコンロ、エアコン、机、椅子、布団、電気スタンド、カーテン
・トイレ、洗面:各居室にあり
・シャワー室、洗濯室:共有

※寮費は、寄宿料のみの金額(月額)
※水道料・共益費:4,000円(月額)、管理費:1,000円(月額)
※光熱費は、実費負担
※退去時の清掃費:7000円
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月8日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
香川県高松市上之町2丁目1-18
(上之町国際寮)
幸町キャンパスまで自転車で20分 46 23000
入寮条件
留学生(男女)33名、日本人学生(男女)15名
特色
民間企業から一棟借り上げし、留学生と日本人学生が2名で1戸をシェアする混住寮として運営しています。

【建物構造】
鉄筋コンクリート4階建

【設備等】
各戸共有部分:キッチン、トイレ、シャワールーム、ダイニングテーブル、冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ、食器棚、洗濯機、靴箱、エアコン、照明、カーテン
各個室:机、椅子、デスクカーペット、ロック付ワゴン、エアコン、照明、カーテン

※寮費は、寄宿料のみの金額(月額)
※駐車場料金 3,000円(希望者のみ)
※退去時の清掃費 13,000円+消費税
※光熱水費は実費負担
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月8日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
香川県高松市前田東町505-18
(国際交流会館)
医学部キャンパスまで徒歩3分 10
入寮条件
①香川大学に在学する外国人留学生並びにその配偶者及び子(未成年の子で配偶者のいない者)
②香川大学において教育、研究に従事する外国人研究者並びにその配偶者及びその子(未成年の子で配偶者のいない者)
③その他医学部長が適当と認めた者
特色
国際交流会館は1999年に設立された施設です。留学生だけでなく医学部・附属病院・農学部の外国人研究者にも利用されています。三木町医学部キャンパスまでは徒歩3分と近く、通学にも便利です。単身室(1R)3室・夫婦室(1LDK)1室・家族室(2LDK)6室の全10室と別棟には入居者の方が利用できる多目的室があります。

【建物構造】
鉄筋コンクリート造3階建及び平屋建

【設備等】
備え付け設備品:ベッド、机、椅子、書棚、キッチン、コンロ、冷蔵庫、洗濯機、洋服タンス、 ユニットバス、エアコン、食器棚、インターネット、食卓セット(夫婦室・家族室)

【宿舎料等】
・留学生:(単身室)5,900円、(夫婦室)14,200円、(家族室)14,200円
・外国人研究者:(単身室)17,763円、(夫婦室)28,188円、(家族室)33,144円
※水・光熱料:実費負担
※共益費:(単身室)3,000円、(夫婦室)3,500円、(家族室)4,000円
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月8日現在)