島根大学

お気に入り登録

基本情報

大学の基本情報
大学名
島根大学
本部所在地
島根県松江市西川津町1060
設立年(設置認可年)
1949
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
●代表電話
 ◇松江キャンパス : 0852-32-6100
 ◇出雲キャンパス : 0853-23-2111

●その他の連絡先
 ◇大学ホームページをご確認ください。
 URL:https://www.shimane-u.ac.jp/inquiry/1/
大学の種類
国立・大学
総学生数(学部)
5350
総学生数(大学院)
746
総教員数(本務者)
816

(2018年5月1日現在)

大学ホームページへ(外部リンク) 大学沿革ページへ(外部リンク) 資料請求へ(外部リンク)
大学の教育研究上の目的や建学の精神
 島根大学は,学術の中心として,広く知識を授けるとともに,深く専門の学芸を教授研究し,知的,道徳的及び応用的能力を展開させることを目的としています。
大学の特色等
 島根大学は,文部科学省「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」及び「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されており,大学全体で地域の活性化に取り組んでいます。
 学生の学びの場としては,地域企業との連携等により大学の講義室の中だけではなく社会に飛び出して学習を行うソーシャルラーニングを教養育成科目で開講しています。
 また,平成28年度入試から島根大学の全ての学部において「地域貢献人材育成入試」を実施しています。「地域で学び,地域に貢献したい!」という希望を持っている方はぜひ本学のホームページ(https://www.shimane-u.ac.jp/nyushi/information/mendan/)をご覧ください。

 また,すべてのモノがインターネットにつながり(IoT)、人工知能の発達によりさまざまな職業が大きく変貌している現代においては、あらゆる場面で、多種多様のデータから真に必要な情報を抽出・分析し、目的意識を持ってデータを活用することが求められています。本学では、平成30年4月に数理・データサイエンス教育研究センターを設置し、様々なデータを収集・分析して課題を解決し、新たな価値を創出できる力を身につけた人材を養成します。
教育研究上の基本組織

その他の学内組織

医学部附属病院
地域未来協創本部
教育・学生支援機構 教育推進センター
教育・学生支援機構 アドミッションセンター
教育・学生支援機構 キャリアセンター
教育・学生支援機構 保健管理センター
教育・学生支援機構 学生支援センター
教育・学生支援機構 障がい学生支援室
研究・学術情報機構 戦略的研究推進センター
研究・学術情報機構 エスチュアリー研究センター
研究・学術情報機構 総合科学研究支援センター
研究・学術情報機構 総合情報処理センター
研究・学術情報機構 地域包括ケア教育研究センター
研究・学術情報機構 総合博物館
研究・学術情報機構 自然災害軽減教育研究センター
グローバル化推進機構 国際交流センター
グローバル化推進機構 外国語教育センター
グローバル化推進機構 島根大学・寧夏大学国際共同研究所
附属図書館
大学戦略企画室
評価室
研究推進室
広報戦略室
男女共同参画推進室
ハラスメント対策室
インスティテューショナル・リサーチ室
山陰法実務教育研究センター
こころとそだちの相談センター
数理・データサイエンス教育研究センター
広島オフィス
大学ホームページで確認する(外部リンク)
キャンパスの概要
キャンパスの概要画像
評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

  評価機関 評価年月
大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2016年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
第1期中期目標期間の業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2011年05月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
第2期中期目標期間の業務の実績に関する評価 国立大学法人評価委員会 2017年06月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生支援

修学支援

 学生支援センターを設置し,院生及び学生が安心して修学できる環境を整備するとともに経済的支援を推進しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

心身の健康に係る支援

 保健管理センターを設置しています。
 保健管理センターには医師3名,保健師3名,臨床心理士等が常駐しておりいつでも相談を受け付けています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援

■私費外国人留学生のための奨学金
(1)インターンシップ奨学金
 海外展開を計画する島根県の企業が,留学生にインターンシップの機会を提供し,奨学金を支給する制度です。将来,県内での就職を希望する留学生を対象としています。
 入学後に,希望者を募り選考を行い,企業で2年間60時間以上のインターンシップを修了した者に対して奨学金最大25万円を支給します。

(2)就職促進プログラムによる奨学金
 2017年度から,東洋大学と連携して実施する奨学金制度です。島根大学を卒業・修了後,日本国内,特に山陰地域(島根県,鳥取県)の企業への就職を希望する留学生を対象としています。日本語能力試験N2以上の合格者で,留学生Iターン就職促進プログラム(ビジネス日本語,キャリア教育,インターンシップ)に参加することが条件です。
 学内選考を行い,合格者には月額30,000円または48,000円の奨学金を支給します。

(3)民間財団等の奨学金
年に2回,学内選考を行い,候補者を決定しています。月額2~14万円の奨学金があります。

■留学生宿舎
 国際交流会館と学生寮の留学生枠があり,選考によって入居者を決定します。
民間アパートに入居する場合は,連帯保証人が必要となります。留学生住宅総合補償に加入することを条件に,島根大学留学生後援会が保証人となっています。

■各種支援
 新入生を対象としたオリエンテーション,チューター制度,日本語補講など留学生のための各種サポートを行っています。

■留学生交流行事
 島根県の中山間地域での里山文化・民泊体験,大山スキー研修により,地域の文化・伝統に触れる機会を提供しています。また,日本文化理解のため関西見学旅行も行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援(日本人学生への支援)

■多種多様な海外派遣プログラム
 語学研修,異文化交流,企業訪問など多様な短期海外研修プログラムを用意しています。
 また,海外の協定大学との交換留学制度により,最大1年間の留学が可能です。
 海外研修,留学,海外ボランティア・インターンシップなど多様な海外体験希望者に対応するため,国際交流センター教員による個別留学相談の時間を設けています。海外留学については,選考の上,大学から奨学金を支給する制度があります。

■グローバル関連講義・グローバルインサイトセミナー
 国際社会が抱える課題と対応,海外留学事情,英語による教養基礎など,グローバル人材を育成するための各種講義を行っています。
 また,講義のほかに,国際的に活躍する大学内外の各専門家を招聘し,世界の実情や国際的な課題などを聞き,視野を広げることを目的としたグローバルインサイトセミナーを定期的に開催しています。

■異文化交流支援
 外国からの来訪者に大学の紹介を行う島大アンバサダー,協定校からの短期研修受入れ時や留学生見学旅行のサポート,留学生との交流会など,異文化交流のための様々な機会を提供しています。

■特別副専攻 
 海外留学を希望する人や語学力を高めたい学生を対象とした2つの特別副専攻(英語高度化プログラム,中国語実用化プログラム)を用意しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

障害者支援

島根大学では、「障がい学生支援室」を松江キャンパス内に設置しています。障がいのある学生が障がいを理由に修学を断念することがないよう、修学の機会を確保するとともに、障がいの有無に関係なくすべての学生が質の高い教育を受けることが出来るよう、障がいの種類に応じた支援をしています。具体的には、指導教員等と連携しながら修学上困難を抱える学生の相談(入学前相談、修学相談、就職相談等)やノートテイクなど合理的配慮にもとづいた修学支援を行っています。
 また、障がいのある学生を支援する学生サポーター養成も行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

就職・進路選択支援

 就職等の支援はキャリアセンターを中心に行っています。
 キャリアセンターは,キャリア教育部門と就職支援部門の2部門体制で学生の職業・進路選択及び就職活動をより円滑に推進するため,就職情報の提供,就職相談,キャリア教育の企画・実施等の業務を行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
課外活動

クラブ活動の状況

 松江キャンパスには,大学及び全学学生団体「島根大学学生生活推進会」の公認する課外活動サークルが,体育系・文化系を合わせて約100団体あり,多くの学生が参加し学内・学外においてそれぞれ特色ある活動を行っています。
 出雲キャンパス(医学部)には,約50団体の課外活動サークルがあり活動を行っています。

 例として,体育系サークルのボート部は,松江市大橋川において毎年学内レガッタ大会を企画・実施し,ボート競技の普及に努めています。ほかにも,水泳部は,水泳技術の向上とともに精神の鍛錬を目的として,毎年1月に大橋川を南北に泳ぐ寒中水泳を50年以上前からの伝統行事として行っており,新聞等にも取り上げられるなど松江の冬の風物詩となっています。

 また,文科系サークルは,学内外において演奏会,発表会,展示などを行い,地元の方との交流を通して地域活性化に貢献しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

ボランティア活動の状況

 本学では,学生の自主性,コミュニケーション能力,創造性等を高め,学生生活の活性・充実に資するとともに,地域との交流を推進することを目的として,学生の自主的活動であるボランティア活動を積極的に推進しています。

 特色的な取組みとして,学生の自主的活動を評価し教育効果の向上を図るために,学生の正課外活動をポイントとして評価(可視化)する仕組みであるビビットポイント制度を構築しています。これにより学生の積極的な正課外活動への参加を促し,地域の再生・活性化に寄与するとともに,社会の要請に応じる人材の育成を目指しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生寮の整備状況

学生寮の有無
所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
松江市西川津町3371-1 徒歩約10分 168 25000
入寮条件
 4月に学部1年生に入学する者で,原則として自宅から大学までの通学時間が片道90分以上であること。
特色
 留学生との混住型です。
 寮入口は電子式オートロックを,各居室への入口の鍵はシリンダーキーを採用し,防犯カメラを設置するなど安全性を重視しています。

 A棟:25,000円(寄宿料24,000円,共益費1,000円),居室は完全個室で電気・水道は個人契約です。同じ敷地内にB棟,C棟もあります。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月9日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
松江市西川津町3371-1 徒歩約10分 91 8500
入寮条件
 4月に学部1年生に入学する者で,原則として自宅から大学までの通学時間が片道90分以上であること。
特色
 留学生との混住型です。
 寮入口は電子式オートロックを,各居室への入口の鍵はシリンダーキーを採用し,防犯カメラを設置するなど安全性を重視しています。

 B棟:8,500円(寄宿料4,000円,共益費2,500円,居室電気料2,000円)で電気料は実費との差額精算となります。また,トイレ・洗面・シャワー・ランドリーは共同使用です。同じ敷地内にA棟,C棟もあります。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月9日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
松江市西川津町3371-1 徒歩約10分 59 17000
入寮条件
 4月に学部1年生に入学する者で,原則として自宅から大学までの通学時間が片道90分以上であること。
特色
 留学生との混住型です。
 寮入口は電子式オートロックを,各居室への入口の鍵はシリンダーキーを採用し,防犯カメラを設置するなど安全性を重視しています。

C棟:17,000円(寄宿料16,000円,共益費1,000円),居室は完全個室で電気・水道は個人契約です。同じ敷地内にA棟,B棟もあります。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年8月9日現在)