鳴門教育大学

お気に入り登録

基本情報

●学長メッセージ

◆環境は無言の教育
鳴門教育大学は,瀬戸内海国立公園の区域内にあります。大学周辺には豪快な鳴門の渦潮,四国八十八カ所霊場の第一番札所霊山寺(りょうぜんじ),西洋絵画の陶板複製画が一堂に展示されている大塚国際美術館などがあり,大阪梅田から高速バスで2時間で来られるということもあり,多くの観光客やお遍路さんが訪れています。
木々の緑と海の青が映える風光明媚な地ですが,本学のキャンパスも非常に美しく,ゆったりとした雰囲気を醸しだしており,落ち着いて勉学に励むことができます。初代学長の前田嘉明(よしあき)は「環境は無言の教育であり,大学の環境・建物は物言わぬ教師である」という信念の下,本学の設計段階から関わり,日本でも有数の美しいキャンパスを造りました。

◆特色ある図書館
建物だけではなく,教育施設も充実しています。例えば,図書館には,「大村はま文庫」「野地潤家文庫」があり,国語教育を学ぶ者にとって聖地のような所です。また,国立大学では先進的な「児童図書館」があり,学生・子供・市民の交流の場となっており,平成24年(2012年)に全国学校図書館協議会より「学校図書館賞奨励賞」を受賞しました。これは大学図書館で初の受賞です。

◆本学のスタート
本学は,教員養成の充実,現職教員の研修,教育に関する高度な研究を目的とする新構想大学として,昭和56年(1981年)10月1日に創設され,昭和59年(1984年)4月に大学院(修士課程)の1期生を迎えました。
そして,学校教育学部は昭和61年(1986年)4月に,教職大学院(専門職学位課程)は平成20年(2008年)4月にそれぞれ1期生を迎えました。また,平成8年(1996年)4月に設置された兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)の構成大学でもあります。

◆教師教育のリーダー大学
創設以来,教師教育のリーダー大学としての使命・ミッションを果たすべく努めてきました。その成果の一端として,学部卒業生の教員就職率7年連続第1位を達成しており,大学院修了生(現職教員を除く)の教員就職率も非常に高く,特に教職大学院修了生のそれは100%で3年連続第1位です。
また,いじめ問題にも積極的に取り組んでいます。本学が中核となり,宮城教育大学,上越教育大学,福岡教育大学,各地の教育委員会等が連携協力し,教育・研究・支援・研修等の事業を行っています。

◆学校教育を支える人材の養成
臨床心理士や国際教育協力専門家のように広く学校教育を支える人材の養成も行っています。本学大学院を修了した臨床心理士は500人以上を数え,スクールカウンセラーを始めとして各分野で活躍しています。また,学生を海外に派遣する事業を積極的に進めるとともに,留学生だけでなく海外の教育関係者の研修を受け入れており,長年にわたるこの研修事業の功績に対し平成25年にJICA(国際協力機構)より「国際協力感謝賞」を受賞しました。

◆本学の使命
教師教育のリーダー大学としての使命を果たすべく様々な改革を進めてきていますが,本学が一貫してかかげている使命は,前田初代学長が開学にあたり述べた次の抱負ではないか,と私は思っています。
「本学の使命の一つは,教師の資質を高めることにあるが,それは教育についての理論,知識,技術だけを教えることではない。教育は子供と人格的に交わる営みである。その前提になっているのは,子供との内面的なつながりであり,人間愛なのであって,そうした教師としての”心”を育てていきたい。人間愛・使命感に支えられた教師を養成することが本学の使命でもある」。

◆子供の心と大人の知恵
この前田先生の抱負を,私なりの言葉で言い換えると「子供の心と大人の知恵を大切にする教師」ということになります。
皆さんは,小学校に入学したとき,6年生や先生がそして校庭がとても大きく見えたことを覚えていますか。子供のときの楽しかったことや悲しかったことを覚えていますか。子供の心を忘れずにいるからこそ,子供に寄り添え,共感できるのです。
子供の心を大切にするためにも,大人の知恵を身につけねばなりません。知識や技術は大切ですが,大人の知恵とはそれだけではありません。例えば,教育現場において集団の規律やきまりを重視する立場と,児童生徒個人の心や自発性を重視する立場との対立や葛藤が見られます。単純な正しい答えがないとき,同僚ともよく相談し,様々な視点から考えたうえで,答えを求めていかねばなりません。このようにして答えを求める行為自体も,大人の知恵と言えるでしょう。

◆教える自信と学ぶ謙虚さ
教育は子供と人格的に交わる営みですが,鳴門教育大学において,子供だけではなく,大学職員,同僚の学生らと人格的な交わりを心がけて下さい。そして,教える自信と学ぶ謙虚さをもち,教員・人間としての器をより一層大きくして,本学を卒業・修了して下さい。
本学で,ともに学びましょう。
大学の基本情報
大学名
鳴門教育大学
本部所在地
徳島県鳴門市鳴門町高島字中島748番地
設立年(設置認可年)
1981
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
088-687-6000(代表)
soumu@naruto-u.ac.jp
大学の種類
国立・大学
総学生数(学部)
464
総学生数(大学院)
534
総教員数(本務者)
138

(2017年5月1日現在)

大学ホームページへ(外部リンク) 大学沿革ページへ(外部リンク) 資料請求へ(外部リンク)
大学の教育研究上の目的や建学の精神
●創設の趣旨・目的

教員には,教育者としての使命感と人間愛に支えられた豊かな教養,教育の理念と方法及び人間性に対する多面的な深い理解並びに教科・領域に関する専門的学力,優れた教育技術など,専門職としての高度の資質能力が強く求められています。

本学は,このような社会的要請に基づき,主として現職教員に高度の研究・研鑽の機会を確保する大学院と,初等教育教員及び中学校教員の養成を行う学部をもち,学校教育に関する理論的,実践的な教育研究を進める「教員のための大学」及び学校教育の推進に寄与する「開かれた大学」として昭和56年10月1日に創設された新しい構想の国立大学です。昭和59年4月に大学院(修士課程)の1期生を迎え,学校教育学部の1期生が入学したのは,昭和61年4月です。

平成20年度から,今日の学校と教員を巡る状況を踏まえ,養成すべき教員像を明確にし,専門性と実践力を備えた力量のある教員を養成することとし,新たに専門職学位課程(高度学校教育実践専攻)を教職大学院として設置しました。

大学院学校教育研究科「修士課程」において,教科・領域等における専門性を培い,優れた教育実践を展開できる能力を,「専門職学位課程」では,幅広い視点からの問題分析力・対応力・解決力を培い,学校や地域で指導力を発揮できる力量を,それぞれ有する初等中等教育教員を養成することを目的としています。

また,「学校教育学部」においては,幼児・児童・生徒の成長と発達に関する総合的な理解にたち全教科・領域にわたる優れた指導能力を備えた初等教育教員及び中学校教員を養成することを目的としています。
●本学の理念

本学は,「21世紀におけるグローバル社会を主体的に生きる人間を育成し,文化の創造及び国家・社会の発展に貢献する大学-教育に関する高度な専門性と実践的指導力を身につけ,豊かな個性をもった教師を養成する-」をモットーに,21世紀に活躍する教員の養成を行っています。

変化の激しい現代の学校教育において,教員には,子どもに「生きる力」や「自ら学び,自ら考える力」を育むことが強く求められています。この「生きる力」の育成という観点から,教員に必要な資質・能力としては,教員としての使命感と人間愛に支えられた豊かな教養,教育の理念と方法及び人間性に対する多面的な深い理解,教科の専門的知識が求められます。それとともに,変化する時代に対応できる具体的な資質・能力としては,地球的視野に立って行動する力,コミュニケーション能力,教科指導・生徒指導の知識や技能などが求められます。

本学の目指しているものは,教科の内容を十分に指導できると共に,いじめや不登校,学級崩壊にも対応できる資質・能力をもった教員を養成することです。そのために,専門的知識を習得するだけでなく,実践力の強化に力を入れています。実践力を身につけるには,大学の勉強だけでなく,実際に子どもとふれあう機会を持つことが大切です。本学では,附属学校・園における教育実習に加え,鳴門市内の公立学校・園における教育実習も実施しており,十分な実践力が身に付くようにつとめています。

また,大学院学校教育研究科(修士課程及び専門職学位課程)をもつとともに,兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)にも,構成大学として参加しており,学部を卒業した後,さらに教員としての資質・能力をたかめる環境も整っています。
大学の特色等
<学校教育学部>
幼児・児童・生徒の成長と発達に関する総合的な理解にたち全教科・領域にわたる優れた指導能力を備えた初等教育教員及び中学校教員を養成します。
●教員就職率全国第1位…文部科学省が公表した平成28年3月卒業者大学別就職状況で,教員就職率88.8%で7年連続全国第1位に輝きました。
●国立大学では稀に見る少人数制授業…100人の入学定員に対して130人を越える教員を配置しています。
●教育実践力を養成…1年次から数多くの実習を行うことで,高度な知識・技術・教育実践力を身に付けられます。
●複数免許状取得…異なる校種の免許状取得を義務付けています。子供の成長にそって教育できる力がつき,就職活動が有利になります。

<学校教育研究科(修士課程)>
学部卒業生や現職教員等を対象として,教科・領域等における専門性を培い,優れた教育実践を展開できる能力を有する教員を養成します。(教科等の領域におけるエキスパート教員)
●学校教員養成プログラム…入学時に免許状がなくても,3年間で教員免許状と修士の学位を取得できるプログラムです。授業料は,学費2年分を3年間で分割納入していただくことになります。
●遠隔教育プログラム…インターネット活用の遠隔教育システムとスクーリングにより,勤務地を離れることなく大学院で学ぶことができます。
●多様な認定プログラム…学校現場の課題に対応できる力量を身につけるための複数プログラムを用意しています。
●小学校英語教育分野…小・中連携を視野に入れた教育と研究を行い,小学校英語教育の専門家を養成する分野です。

<学校教育研究科(専門職学位課程)>
学部卒業生及び現職教員等を対象として,幅広い視点からの問題分析力・対応力・解決力を培い,スクールリーダーとして指導力を発揮できる教員や実践的指導力のある即戦力の新人教員を養成します。(多分野に精通したジェネラリスト教員)
●教員就職率100%…文部科学省が公表した平成28年3月卒業者大学別就職状況で,3年連続教員就職率100%を継続し,全国第1位に輝きました。
●小学校教員養成長期プログラム…入学時に免許状がなくても,3年間で小学校教員の免許状と教職修士の学位を取得できるプログラムです。1,2年次の成績優秀者に対しては3年次の授業料が免除されます。
●多様な教職実践プログラム…学校現場の現代的な課題に対応できる力量や,新制度をリードできる力量を身に付けるプログラムです。
●真の実践力を高めます…現職教員学生は,地域や学校現場の課題について,大学教員や現場の同僚教員と協働態勢を構築して取り組みます。学卒学生は,最長1年半,連携協力校での実習に取り組みます。
教育研究上の基本組織

学部

学部名
学校教育学部

その他の学内組織

附属図書館
教職キャリア支援センター
長期履修学生支援センター
地域連携センター
情報基盤センター
小学校英語教育センター
教員教育国際協力センター
予防教育科学センター
生徒指導支援センター
心身健康センター
いじめ防止支援機構(BP-CORE)
大学ホームページで確認する(外部リンク)
キャンパスの概要
キャンパスの概要画像
評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

  評価機関 評価年月
国立大学法人評価 国立大学法人評価委員会 2017年06月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2014年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
専門分野別認証評価 一般財団法人教員養成評価機構 2016年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生支援

修学支援

●経済支援
経済的理由等により修学が困難な優れた学生に対し,入学料及び授業料を免除・徴収猶予する制度を設けています。授業料免除については,平成23年度からは選考基準を充たしている全ての者に対し,全額又は半額免除を実施しています。また,大学院生を対象に大学院修学休業制度を利用して修学する者,教員採用候補者名簿登載期間延長制度を利用して修学する者に対しては授業料特別免除制度を設けています。

●指導体制
学校教育学部では,専修・コース別にクラス担任教員を置き,学習面・生活面ともに相談,助言,支援をしています。さらに,3~4年次には,学生ごとに指導教員がつき,相談,助言,支援をしています。
大学院学校教育研究科では,1年次から指導教員がつき,学習面・生活面の相談,助言,支援をしています。

●学習支援
教育実習や音楽・美術・保健体育・英語の実技指導能力に関する学習支援,教員免許状取得のためのサポートなどを学内の各センターで行っています。

●教務支援
学生のみなさんが履修登録・成績確認・シラバス閲覧等をウェブページ上で行えるよう,教育支援システム(Live Campus)を導入しています。

●その他
快適な学生生活のサポートのため,履修・留学・就職などの学生サービスを一つの建物に集約し,幅広い学生生活の案件に対応できる体制を整えています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

心身の健康に係る支援

学生のみなさんの生活をサポートするため,さまざまな相談窓口を設けています。

●学生なんでも相談室
「なんでも相談」の窓口です。
キャンパスライフのあらゆる疑問,質問,悩みごとの相談を受けています。

●心身健康センター 学生相談室
健康相談,精神保健相談を受けています。

●ピア・カウンセリング  ※「ピア(peer)」=仲間
特に,学校教育学部の学生向けです。
鳴教大の先輩であり,カウンセリングの基礎を学んでいる大学院生が相談にのってくれます。また,専門コースの教員がバックアップします。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援

留学生支援の取組として,次のような取組をしています。

●留学生用授業,補講の開設
<大学院授業>日本語Ⅰ,日本語Ⅱ(前期:4月~7月),日本語Ⅲ,日本語Ⅳ,日本事情・日本文化(後期:10月~2月)
<日本語補講>(前期・後期)レベル別に開設
日本の教育と文化(前期:4月~7月) (講義は英語で行われ,必要に応じて日本語訳をつけます。)
なお,大学院授業の数学・理科,国際教育に関する授業については,英語で講義が行われるものもあります。
●外国人留学生学外研修(工場・施設見学等)
●日本文化体験等の行事開催
●留学生に対して,鳴門教育大学基金(国際交流用資金)より奨学金の給付
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援(日本人学生への支援)

学生交流協定を締結している海外協定校は,2017年7月現在で15大学あります。
また,留学する本学学生に対して,鳴門教育大学基金(国際交流用資金)より留学支援金の給付を行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

障害者支援

大学構内,学生宿舎及び附属学校園におけるバリアフリー化を図っています。
大学構内では,講義棟をはじめ全ての建物にスロープやエレベーターを設置しているほか,自動ドアやトイレの整備等,障害をもつ学生に配慮した修学環境を整備しています。
授業については,体育実技科目「健康・スポーツ科学Ⅰ・Ⅱ」において,特別クラスを用意しています。また,教育実習については,バリアフリー化が進んでいる附属学校園で実習を行っています。
また,「学生なんでも相談室」では,学内外の機関と連携し,障害を持つ学生との個別の相談を通じて,それぞれの困難の程度に応じた必要な支援を行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

就職・進路選択支援

幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の教員養成に力を入れており,就職委員会及び就職支援室が中心となり,全学的,組織的な取組を行い,学生の実践的教育力の向上に努めています。
教職を希望する学生には,教員採用試験に向けて,学内説明会,教採対策ガイダンス,模擬試験,教採実技ガイダンス(模擬授業・個人面接・集団討論等)などを実施しています。そのほか,公務員,企業への就職を希望する学生向けに各種ガイダンスを用意しています。
就職支援室では,教員就職支援チーフアドバイザー,就職支援アドバイザー,事務職員を配置し,進路相談や面接・論文指導,ボランティア活動の紹介等を行っています。また,関連書籍を数多く揃え,学生に貸出を行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
課外活動

クラブ活動の状況

現在,学生団体として次の団体が活動しています。

<課外活動団体>
●体育系団体(20団体)
野球部,剣道部,陸上競技部,バドミントン部,水泳部,ラグビーフットボール部,サッカー部,タッチフットボール部,弓道部,男子バスケットボール部,女子バスケットボール部,男子硬式テニス部,女子硬式テニス部,男子バレーボール部,女子バレーボール部,男子ハンドボール部,女子ハンドボール部,柔道部,フットサル部,鳴響連

●文化系団体(14団体)
児童文化研究会,フィルハーモニー管弦楽団,軽音楽部,人形劇団ころぼっくる,書道部,茶花道部,合唱団’tadpole’,手話サークル「ぱぴぷぺぽ」,BBS,E.S.S,劇団「どや!!」,吹奏楽団 ’Cantabile’,茶道部「一期一会」,総合学習研究会(ふれあいアクティビティー)

<サークル・同好会>
●体育系団体(6団体)
ソフトボール同好会,軟式野球サークル,居合道同好会,ライフセービング部,二輪サークル,ダンス同好会

●文化系団体(10団体)
ボランティア団体friends,アカペラ同好会,大学院とっかつサークル「プラス1」,RF技術研究会,ボードゲームサークル,文芸同好会「露草」,ハンドメイドサークル,鳴教子どもアートプロジェクト,鳴教学生日本語教室,鳴門教育大学放送研究会
大学ホームページで確認する(外部リンク)

ボランティア活動の状況

教員を志望する学生が多いことから,主に学校現場(保育所,幼稚園,小学校,中学校,高等学校,特別支援学校)でのボランティアを推奨しており,多くの学生が参加しています。
そのほか,キャンプや学校祭,クリーン活動等のボランティア活動,部活動・サークル等の団体によるボランティア活動も盛んに行われています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生寮の整備状況

学生寮の有無
所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
徳島県鳴門市鳴門町高島字中島99-7 徒歩15分,自転車5分  キャンパスには,通りを挟んで隣接しています。 400 4300
入寮条件
単身用学生宿舎(10平米)に入居することができる者は,次の者です。
●学部学生
●大学院学生
●研究生
●科目等履修生
●特別聴講学生
●特別研究学生
●教員研修留学生
特色
●学生宿舎は,大学キャンパスの北側に位置し,前は内海を望み,後ろは緑の丘陵に囲まれた閑静なところに設けられています。
●現在,単身用(男子)2棟,単身用(女子)3棟,世帯用2棟が設けられています。
●入居する学生の快適な生活を確保するため, 入居者が相互に役員を選出し,「うず潮村」という自治組織を設け運営されており,管理人はおりません。
●共同で使用する補食室,廊下,浴室,敷地内の除草などの清掃,調理などのごみの処理,防災・防犯,駐車場・駐輪場の管理及び共同生活を営むためのマナーを守ることは,入居者が自主的に行うことになっています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2017年7月26日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
徳島県鳴門市鳴門町高島字中島99-7 徒歩15分,自転車5分  キャンパスには,通りを挟んで隣接しています。 40 9500
入寮条件
世帯用学生宿舎(40平米)に入居することができる者は,次の者です。
●大学院学生で配偶者又は親族を伴う者
●大学院学生で配偶者を有する者
●外国人留学生で配偶者又は子どもを伴う家族滞在の在留資格を有する者
●大学院生で現職教員である者
●その他学長が必要と認めた者
特色
●学生宿舎は,大学キャンパスの北側に位置し,前は内海を望み,後ろは緑の丘陵に囲まれた閑静なところに設けられています。
●現在,単身用(男子)2棟,単身用(女子)3棟,世帯用2棟が設けられています。
●入居する学生の快適な生活を確保するため, 入居者が相互に役員を選出し,「うず潮村」という自治組織を設け運営されており,管理人はおりません。
●共同で使用する補食室,廊下,浴室,敷地内の除草などの清掃,調理などのごみの処理,防災・防犯,駐車場・駐輪場の管理及び共同生活を営むためのマナーを守ることは,入居者が自主的に行うことになっています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2017年7月26日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
徳島県鳴門市鳴門町高島字中島99-7 徒歩15分,自転車5分  キャンパスには,通りを挟んで隣接しています。 40 11900
入寮条件
世帯用学生宿舎(52平米)に入居することができる者は,次の者です。
●大学院学生で配偶者又は親族を伴う者
●大学院学生で配偶者を有する者
●外国人留学生で配偶者又は子どもを伴う家族滞在の在留資格を有する者
●大学院生で現職教員である者
●その他学長が必要と認めた者
特色
●学生宿舎は,大学キャンパスの北側に位置し,前は内海を望み,後ろは緑の丘陵に囲まれた閑静なところに設けられています。
●現在,単身用(男子)2棟,単身用(女子)3棟,世帯用2棟が設けられています。
●入居する学生の快適な生活を確保するため, 入居者が相互に役員を選出し,「うず潮村」という自治組織を設け運営されており,管理人はおりません。
●共同で使用する補食室,廊下,浴室,敷地内の除草などの清掃,調理などのごみの処理,防災・防犯,駐車場・駐輪場の管理及び共同生活を営むためのマナーを守ることは,入居者が自主的に行うことになっています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2017年7月26日現在)