鹿児島大学

お気に入り登録

基本情報

大学の基本情報
大学名
鹿児島大学
本部所在地
鹿児島県鹿児島市
設立年(設置認可年)
1949
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
099-285-7111
大学の種類
国立・大学
総学生数(学部)
8881
総学生数(大学院)
1596
総教員数(本務者)
1156

(2018年5月1日現在)

大学ホームページへ(外部リンク) 大学沿革ページへ(外部リンク) 資料請求へ(外部リンク)
大学の教育研究上の目的や建学の精神
(鹿児島大学学則より)
第2条 本学は、鹿児島大学憲章の下に、広く知識を授けるとともに深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、もって学術文化の向上に寄与するとともに自主自律と進取の精神を持った有為な人材を育成することを目的とする。
2 本学は、その目的を実現するための教育研究を行い、その成果を広く社会に提供することにより、社会の発展に寄与するものとする。
3 本学は、学部、学科又は課程ごとに、人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的を各学部等の規則において定める。
大学の特色等
鹿児島大学憲章

 鹿児島大学は、日本列島の南に位置し、アジアの諸地域に開かれ、海と火山と島々からなる豊かな自然環境に恵まれた地にある。この地は、我が国の変革と近代化を推進する過程で、多くの困難に果敢に挑戦する人材を育成してきた。このような地理的特性と教育的伝統を踏まえ、鹿児島大学は、学問の自由と多様性を堅持しつつ、自主自律と進取の精神を尊重し、地域とともに社会の発展に貢献する総合大学をめざす。
<教育>
 鹿児島大学は、学生の潜在能力の発見と適性の開花に努め、幅広い教養教育と高度な専門教育を行うとともに、地域の特性を活かした進取の気風を養う。
 鹿児島大学は、真理を愛し、高い倫理性と社会性を備え、向上心を持って自ら困難に立ち向かい、国際社会で活躍しうる人材を育成する。
<研究>
 鹿児島大学は、個々の研究を重視するとともに、種々の学問分野における優れた研究者の連携により、21世紀を先導する研究者を育成する。
 鹿児島大学は、地域の要請に応える研究を展開するとともに、普遍性を求める研究活動を推進し、世界水準の研究拠点をめざす。
<社会貢献>
 鹿児島大学は、南九州を中心とする地域の産業の振興、医療と福祉の充実、環境の保全、教育・文化の向上など、地域社会の発展と活性化に貢献する。
 鹿児島大学は、アジアや太平洋諸国との連携を深め、研究者や学生の双方向交流および国際共同研究・教育を推進し、人類の福祉、世界平和の維持、地球環境の保全に貢献する。
<大学運営>
 鹿児島大学は、学長のリーダーシップのもと、全構成員が運営に責任をもって参画することにより、教育研究環境の充実を図る。
 鹿児島大学は、大学の自治を礎とし、常に自己点検・評価を行うとともに、外部からの意見を積極的に反映させ、透明性の高い公正な大学運営を行うことにより、社会への責任を果たす。
教育研究上の基本組織

その他の学内組織

総合教育機構/高等教育研究開発センター
総合教育機構/共通教育センター
総合教育機構/アドミッションセンター
総合教育機構/グローバルセンター
研究推進機構/医用ミニブタ・先端医療開発研究センター
研究推進機構/国際島嶼教育研究センター
研究推進機構/難治ウイルス病態制御研究センター
研究推進機構/研究支援センター
南九州・南西諸島域共創機構/産学・地域共創センター
南九州・南西諸島域共創機構/地震火山地域防災センター
南九州・南西諸島域共創機構/司法政策教育研究センター
附属図書館
保健管理センター
稲盛アカデミー
総合研究博物館
学術情報基盤センター
埋蔵文化財調査センター
北米教育研究センター
奄美群島拠点
大学ホームページで確認する(外部リンク)
キャンパスの概要
評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

  評価機関 評価年月
国立大学法人評価 文部科学省国立大学法人評価委員会 2016年11月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
大学機関別認証評価 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構 2015年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生支援

修学支援

●進取の精神学生表彰など
 本学における進取の精神を醸成し、本学の教育目標に沿った人材の輩出を図ることを目的に、在籍期間中において困難な課題に果敢に挑戦する「進取の精神」を実践し、本学学生憲章の趣旨に即した活動実績や優秀な業績等を収めた学生及び学生団体を表彰する「鹿児島大学進取の精神学生表彰」制度を設けています。
 そのほか、学生の意欲向上等を目的として、優れた成果を挙げた学生を毎年表彰しています。

●授業料免除
 経済的理由により授業料の納付が著しく困難であると認められ、かつ学業優秀と認められる者に対し、選考の上、授業料の全額または半額を免除する制度です。前期・後期の年2回、申請受付を行っています。平成29年度は3,683人が申請し、申請者の約9割の学生が全額または半額を免除されています。

●奨学金
 日本学生支援機構等の奨学金は、掲示及び学生への一斉メール等により広く周知しており、学部学生の約5割、大学院生の約4割が利用しています。

●学習交流プラザ
 学習交流プラザは、学生、教職員等が相互に交流を深めることにより、学生の進取の精神を育み、活気ある交流と情報交換を促進することを目的として、平成25年8月に竣工しました。飲食しながら学習できるスペースやグループ学習ができるスペースなど多様な学習形態に対応した施設となっています。

●学生何でも相談室
 共通教育棟1号館に学生何でも相談室を設けています。相談室では、初めに担当職員が相談者の話を聞き、相談内容に応じて、各学部の相談員やクラス担任等の教員、保健管理センタースタッフと連携しながら対応します。

●ピア・サポート
 学生の学生生活及び修学上の支援を図ることを目的に、主に上級生が学生の目線で下級生にアドバイスを行うピア・サポート制度を設け、相談業務や各種支援活動の企画・運営を行っています。

●TOEIC(R)公開テスト(団体一括受験)
 本学は一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)の賛助会員になっていることから、通常よりも安い賛助会員価格(4,645円)でTOEIC公開テストを受験できます。
また、特定の共通教育科目を受講する学部1年生を対象に、賛助会員受験料(4,645円)を大学が負担するTOEIC受験料支援事業を平成28年度から実施しており(財源・鹿児島大学「進取の精神」支援基金)、学生の外国語活用能力を高めるための学修機会の拡充を図っています。

●入学後補完教育としての学習支援
 平成28年度から、AO入試や推薦Ⅰ入試で入学した者をはじめ、数学、物理に学力不足を感じている新入生及び2年生を対象に、大学院生、学部3、4年生をサポーターに起用し、学習面でわからない点の相談に乗る体制を設けている。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

心身の健康に係る支援

学生の心身の健康の保持ならびにその増進を図るために、保健管理センターが設置されています。保健管理センターの主な業務内容は、健康診断の実施。事後指導、心理相談ならびに学生支援、プライマリーケア、健康診断証明書の発行、健康に関する啓発活動、感染症などの危機管理、禁煙(卒煙)支援などがあります。また、学校保健安全法に基づく学内安全点検も行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援

鹿児島大学では、外国人留学生に対する日本語文化教育、学習カウンセリング、地域社会との交流推進や各種情報提供および相談指導などを行っています。また、さまざまな奨学金制度や国際交流会館の整備等により外国人留学生を支援しています。
 ・新入留学生にはチューターがつき、学業や生活をサポートします。
 ・留学生が住宅を確保しやすいように、鹿児島大学が留学生の住宅の賃貸借の連帯保証人として機関保証を行います。
 ・さまざまな奨学金情報を提供するほか、鹿児島大学独自の奨学金もあります。
 ・外国人留学生に対する日本語のクラスは初級から上級まで7レベルに分かれており、各レベルで会話、読解、作文を学ぶことができます。また、異文化理解、日本事情の授業も行っています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援(日本人学生への支援)

 大学憲章に謳う「国際的に活躍しうる人材を育成する」ため、本学は第3期中期目標・中期計画で海外派遣学生増加に向けた数値目標(平成26年度比1.2倍)を設定して力を入れています。
 留学を促進するための教育的支援では、国際的な体験学修を入学から卒業まで段階的にロードマップとして繋ぐ「P-SEG 進取の精神グローバル人材育成プログラム」を設置し、プログラムの核となる共通教育科目の海外研修を多く開講し、初年次から意識を高めて専門科目の海外研修に繋ぎ(平成29年度共通教育・専門科目総計29海外研修)、あわせて留学体験者や外国人留学生を巻込んだ留学啓発・語学学習(留学報告会、言語交換、ゲーム、日本文化紹介等)、トビタテ!留学JAPAN応募支援、複数回に渡る留学説明会や毎週定時の留学相談、留学体験報告を掲載するHPサイト設置等、留学に繋がる取組みを積極的に行っています。
 また、経済的支援では、多くの学生が海外学修を体験できるよう、大学独自の制度として、「学生海外研修支援事業(平成29年度29研修、218名支援)」、「学生海外留学支援事業(平成29年度31名支援)」、「学生海外学会発表支援事業(平成29年度65名支援)」、『鹿大「進取の精神」支援基金学生海外派遣事業(平成29年度107名支援)』を設け、海外研修授業や大学を通じて応募する留学の全て(トビタテ!留学JAPANを除く)に対して、学生に支援金を給付しています。さらに、外部資金による経済的支援では、独立行政法人日本学生支援機構「海外留学支援制度(協定派遣)」に平成29年度には7プログラムが採択され、平成28年度から継続支給している1プログラムを合わせて、平成29年度は141名に奨学金が支給されました。
 なお、大学を通じて応募する留学は、下記の種類と体制を整えています。
1) 学術交流協定校(大学間、部局間)交換留学(1学期-1年以内)
   平成30年5/1現在「学生交流の覚書」締結大学数104校、
   平成29年度派遣実績24名
2) トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム(28日-2年以内)
    第1-9期累計採択学生数 46名
3) 鹿児島県清華大学留学(5ヶ月間)
   平成27-29年度派遣実績 14名
4) 鹿大「進取の精神」支援基金学生海外派遣事業(長期派遣)(10週間-1年)
   平成30年6/28現在平成28-29年度実績 23名
大学ホームページで確認する(外部リンク)

障害者支援

・ 障害学生支援センターでは、入試前、入学前、在学中の各時期において、学生・保護者・関係教職員からの申し出により、所属学部や関連部局、保健管理センターと連携しながら修学支援を検討、実施しております。各学部、部局には、障害学生支援委員を配置し、それぞれの教育内容に応じた修学支援が行えるように全学的支援体制を構築しています。
・ 障害のある学生からの相談はもとより、大学生活につまずきを感じている学生にも対応し、一人一人のニーズに応じた支援計画を作成します。支援内容は、授業等の修学上必要な合理的配慮や支援申請、支援機器の貸し出し等を行っております。障害の程度に応じて修学支援協議会を開催し、関係教職員間で情報の共有と対策の検討を行い、スムーズな支援が実施できるようにしています。また保健管理センターと連携を取りながら、必要に応じて定期的なカウンセリングを実施しています。
・ 修学環境の支援については、多目的トイレやスロープ等を記したバリアフリーマップを作成し配布しています。また、学生からの申し出やユニバーサルデザインに基づいた学内の施設整備に関する提案を行っています。男女および障害等に関係なく使用できるユニバーサルデザインのトイレについて『みんなのトイレ』と称し、ロゴマークを作成し、周知を図っています。
・ 障害理解と多様性のある社会やインクルーシブの概念に関する啓発活動として、学生に対しては『自己理解・他者理解と障害理解』の共通教育科目を開講しています。教職員に対しては、FD研修会・教員研修会における講義や障害学生支援センター主催のシンポジウムを開催しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

就職・進路選択支援

  全学的な組織である就職支援センターと各学部が連携してきめ細やかな支援に取り組んでおり、卒業生に対しても在学中と同様な支援を提供しています。就職支援センターによる支援は主に以下のとおりです。

・年間を通しての全学就職ガイダンスや実践的な少人数制の支援講座、セミナー等の実施(自己分析、業界・企業研究、インターンシップ、マナー、エントリーシートや面接、グループディスカッション等の対策、公務員希望者向けガイダンス、卒業生や内定者によるセミナー、業界・職種別の研究セミナー等)
・合同・個別の学内企業セミナ-やインターンシップ学内合同企業説明会の実施(年間約500社)
・県外で就職活動を行う学生のため、年間を通じて東京・福岡に就職活動拠点(サテライト)を設置
・学生がインターンシップや就職活動の際に利用できる宿泊施設を東京に設置
・本学OBの就職相談員とハローワークのジョブサポーターの2名体制で毎日個別の就職・進路相談に対応(年間1500件超)
・卒業生も含め、求職登録者には本人の希望に添った求人情報をメールで随時送付
・低学年次生からキャリア観や社会人基礎力を養成するため、共通教育におけるキャリア科目(オムニバス形式の「キャリアデザイン」)を開講している他、学部横断型の地域人材育成のための教育プログラムも用意

 各学部でも学部の特性に合わせた独自の就職ガイダンスや企業説明会、OB・OGとの交流会など、様々なイベントを実施しています。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
課外活動

クラブ活動の状況

 平成30年5月1日現在、郡元キャンパス124【文化系56(部23・同好会33)、音楽系15(部9・同好会6)、体育系53(部29・同好会24)】、桜ヶ丘キャンパス66【文化系17、音楽系3、体育系46】の計190サークルが活動しています。
 課外活動は、正課以外に自発的に行う組織的な諸活動です。大学が課外活動を重視しているのは、大学教育における人間形成の上で大きな役割を期待しているからです。
 本学にはこの課外活動に関係する施設として、「大学会館」「各種体育施設」や「学生サークル会館」が設置されています。
 なお、大学における課外活動は高校とは大きく異なり、学生の自主性や自己責任が重んじられるため、個人での安全配慮や保険などの備えをしてください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

ボランティア活動の状況

 学生のボランティア活動の推進及びその支援を図ることを目的に、ボランティア支援センターを平成20年7月に設置しました。センターでは、学生が様々なボランティ活動に参加し、地域との関わりを持つことで人間力を高め、学生による地域貢献や地域の活性化を図るため、ボランティア教育への支援や災害発生時の復旧支援活動、ボランティアに関する情報の収集・提供、ボランティア関係機関・団体との連絡調整等の業務を行っています。
 また、自然災害により被災した地域の救援・復旧のためのボランティア活動に参加する学生に対する経済的支援として活動費の一部助成を平成23年度から行っています。この制度を活用して東日本大震災で被災した東北地方各地でのボランティア活動や、火山災害で全島避難した口永良部島での災害ボランティア活動、熊本地震の災害現場でのボランティア活動、九州北部での豪雨災害ボランティア活動等に参加した学生は、平成30年3月末で延べ393人になります。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生寮の整備状況

学生寮の有無
所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
鹿児島県鹿児島市唐湊3-3-1
唐湊男子寄宿舎(A棟)
郡元キャンパス(法文・教育・理・工・農学部)まで、徒歩約15分程度
下荒田キャンパス(水産学部)まで、徒歩約30分程度
桜ヶ丘キャンパス(病院地区)まで、バス・電車等を利用して約1時間程度
76 10300
入寮条件
自宅から公共交通機関を利用して、通学に90 分以上を要する全学部及び大学院の男子学生
(研究生、科目等履修生、委託生、国費外国人留学生、特別聴講学生は除く)
特色
昭和57年建築・鉄筋コンクリ-ト造5階建(個室)
1階には管理人室がある。
各階には、共用の補食室(ガスコンロ、冷蔵庫等)、洗面洗濯室(洗濯機、乾燥機)、トイレがある。
男子寮生専用の大浴場が別棟にある。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月15日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
鹿児島県鹿児島市唐湊3-3-1
唐湊男子寄宿舎(B棟)
郡元キャンパス(法文・教育・理・工・農学部)まで、徒歩約15分程度
下荒田キャンパス(水産学部)まで、徒歩約30分程度
桜ヶ丘キャンパス(病院地区)まで、バス・電車等を利用して約1時間程度
92 10300
入寮条件
自宅から公共交通機関を利用して、通学に90 分以上を要する全学部及び大学院の男子学生
(研究生、科目等履修生、委託生、国費外国人留学生、特別聴講学生は除く)
特色
昭和58年建築・鉄筋コンクリ-ト造5階建(個室)
各階には、共用の補食室(ガスコンロ、冷蔵庫等)、洗面洗濯室(洗濯機、乾燥機)、トイレがある。
男子寮生専用の大浴場が別棟にある。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月15日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
鹿児島県鹿児島市唐湊3-3-1
唐湊男子寄宿舎(C棟)
郡元キャンパス(法文・教育・理・工・農学部)まで、徒歩約15分程度
下荒田キャンパス(水産学部)まで、徒歩約30分程度
桜ヶ丘キャンパス(病院地区)まで、バス・電車等を利用して約1時間程度
64 6700
入寮条件
自宅から公共交通機関を利用して、通学に90 分以上を要する全学部及び大学院の男子学生
(研究生、科目等履修生、委託生、国費外国人留学生、特別聴講学生は除く)
特色
昭和36年建築・鉄筋コンクリート造2階建、4人部屋(相部屋)
各階には、共用の補食室(ガスコンロ、冷蔵庫等)、洗面洗濯室(洗濯機、乾燥機)、トイレがある。
男子寮生専用の大浴場が別棟にある。
各部屋に固定式の2段ベッドが2つある。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月15日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
鹿児島県鹿児島市唐湊3-3-1
唐湊女子寄宿舎
郡元キャンパス(法文・教育・理・工・農学部)まで、徒歩約15分程度
下荒田キャンパス(水産学部)まで、徒歩約30分程度
桜ヶ丘キャンパス(病院地区)まで、バス・電車等を利用して約1時間程度
81 11300
入寮条件
自宅から公共交通機関を利用して、通学に90 分以上を要する医学部・歯学部・医歯学総合研究科・保健学研究科を除く学部及び大学院の女子学生(研究生、科目等履修生、委託生、国費外国人留学生、特別聴講学生は除く)
特色
昭和41年建築(平成13年全面改装)・鉄筋コンクリート造5階建(個室)
建物入口はオートロックになっており、建物外部(玄関付近及び非常階段)に防犯カメラがある。
各階にトイレ、補食室(ガスコンロ、冷蔵庫等)、洗面洗濯室(洗濯機、乾燥機)、シャワー室がある。
部屋には机、椅子、本棚、ベッド、ロッカーがある。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月15日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘8-35ー1
桜ヶ丘寄宿舎
郡元キャンパスまで、バス・電車等を利用して約1時間程度 99 14900
入寮条件
自宅から公共交通機関を利用して、通学に90 分以上を要する医学部・歯学部・医歯学総合研究科・保健学研究科の女子学生(研究生、科目等履修生、委託生、国費外国人留学生、特別聴講学生は除く)
特色
昭和49年建築(平成20年一部改装)・鉄筋コンクリート造5階建(個室)
玄関はオートロックになっており、玄関及び非常階段に防犯カメラがある。
各階にトイレ、補食室(ガスコンロ、冷蔵庫等)、洗面洗濯室(洗濯機、乾燥機)、浴室・シャワー室は1階のみにある。
1階には自習室があり、寮生が自由に使用できる。部屋には机、椅子、本棚、ベッド、ロッカーがある。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月15日現在)