新潟大学

お気に入り登録

基本情報

大学の基本情報
大学名
新潟大学
本部所在地
新潟県
設立年(設置認可年)
1949
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
025-223-6161
pr-office@adm.niigata-u.ac.jp
大学の種類
国立・大学
総学生数(学部)
10308
総学生数(大学院)
2067
総教員数(本務者)
1092

(2017年5月1日現在)

大学ホームページへ(外部リンク) 大学沿革ページへ(外部リンク) 資料請求へ(外部リンク)
大学の教育研究上の目的や建学の精神
高志の大地に育まれた敬虔質実の伝統と世界に開かれた海港都市の進取の精神に基づいて,自律と創生を全学の理念とし,教育と研究を通じて地域や世界の着実な発展に貢献することを全学の目的とする。
この理念の実現と目標の達成のために,
1.教育の基本的目標を,精選された教育課程を通じて,豊かな教養と高い専門知識を修得して時代の課題に的確に対応し,広範に活躍する人材を育成することに置く。
2.研究の基本的目標を,伝統的な学問分野の知的資産を継承しながら,総合大学の特性を活かした分野横断型の研究や世界に価値ある創造的研究を推進することに置く。
3・社会貢献の基本的目標を,環日本海地域における教育研究の中心的存在として,産官学連携活動や医療活動等を通じ,地域社会や国際社会の発展を支援することに置く。
4.管理運営の基本的目標を,国民に支えられる大学としての正統性を保持するために,最適な運営を目指した不断の改革を図ることに置く。
大学の特色等
【研究】
○ 脳研究所
わが国の大学では唯一,脳科学,特に臨床を重視する脳神経疾患の病態研究を専門とする研究所として,60年近くに亘る長年の実績と世界レベルの研究成果・データを保有している。全国の共同利用研究施設「脳神経病理標本資源活用の先端的共同研究拠点」に認定されており,また,大型の外部資金の獲得によって高磁場磁気共鳴画像(MRI)やポジトロン断層撮影法(PET)装置をそろえた「統合脳機能研究センター」では,最先端の脳機能画像研究が進行している。
○災害・復興科学研究所
自然災害への知見を基にした中山間地域における複合災害のメカニズムを解明すべく研究を行っている。災害に関する研究所は他大学にもあるが,日本の国土の約7割を占めると言われる「中山間地域」をターゲットとした、新潟という地域の利点を活かした研究所としての展開が期待されている。現在,様々な災害に対応可能な人材をそろえ,更には,自治体との強力な連携を築くべく,研究所組織の改組,強化に取り組んでいる。
○先進的・分野横断的研究プロジェクト
新潟大学を代表する研究プロジェクトが所属する「超域学術院」がある。ここには,選定された研究者が所属しており,文理融合,医工連携といった研究分野のコラボレーションによって新たな価値を創造する研究に取り組んでいる。
また,教員個々においても,モンゴル研究,水素エネルギー,腎研究など様々な領域で特色ある研究活動を行い,受賞や国際会議での発表,また,科学研究費の獲得などで実績を挙げている。

【教育】
○学位プログラム
 新潟大学に入学すると,10の学部のいずれかに所属し,それぞれの分野での学習が始まる。新潟大学では、「学位」の質を保証し、学生が確かな学習成果を得るために「主専攻プログラム」を導入した。「主専攻プログラム」では,綿密なカリキュラムのもとで,全教員が学生一人一人を,全力を挙げて支援する。
(参考URL)
http://www.iess.niigata-u.ac.jp/syusenkou.html
○副専攻プログラム
意欲ある学生が、複数の分野で体系的に学ぶことのできる「副専攻制度」を全国の大学に先駆けて導入している。「主専攻+副専攻」により、例えば「環境に詳しいエンジニア」や、「科学に詳しいジャーナリスト」など、各学生の個性に合わせた「なりたい自分」の実現をサポートしている。
(参考URL)
http://www.iess.niigata-u.ac.jp/esc/fukusenkou.html
○【全学科目】と【分野・水準表示法】
専門科目と教養科目の垣根を取り払い,他の学部が専門とする授業科目でも,自由に選択履修することが出来る「全学科目」という統一的な区分にまとめた。「全学科目」化したことで学生は,総数5,000科目以上の授業科目から選択できる。
多くの授業科目から学生自らが学びたい科目を見つけやすいように「分野・水準表示法」を導入している。このシステムは,全ての授業科目に「分野と水準」を示すコードを付け,特定の分野の授業科目を探す際には「分野コード」を用い,また,授業科目の難易度を見る際には,「水準コード」を使って,簡単に自分の希望する授業科目を条件検索により探し出すことができる。
(参考URL)
http://www.iess.niigata-u.ac.jp/esc/bunyasuijun.html
教育研究上の基本組織

その他の学内組織

脳研究所(統合脳機能研究センター)
脳研究所(生命科学リソース研究センター)
災害・復興科学研究所
教育・学生支援機構(学位プログラム支援センター)
教育・学生支援機構(連携教育支援センター)
教育・学生支援機構(学生支援センター)
教育・学生支援機構(キャリアセンター)
教育・学生支援機構(全学教職支援センター)
教育・学生支援機構(グローバル教育センター)
研究企画推進機構(研究プロジェクト推進センター)
研究企画推進機構(基盤研究推進センター)
研究企画推進機構(共同設備基盤センター)
研究企画推進機構(朱鷺・自然再生学研究センター)
研究企画推進機構(超域学術院)
地域創生推進機構
学術情報基盤機構(附属図書館)
学術情報基盤機構(情報基盤センター)
学術情報基盤機構(旭町学術資料展示館)
経営戦略本部(学長室)
経営戦略本部(IR推進室)
経営戦略本部(評価センター)
経営戦略本部(広報センター)
経営戦略本部(男女共同参画推進室)
経営戦略本部(教育戦略統括室)
経営戦略本部(国際戦略統括室)
危機管理本部(危機管理室)
保健管理・環境安全本部(保健管理センター)
保健管理・環境安全本部(環境安全推進室)
監査室
事務局
学系等の事務部
大学ホームページで確認する(外部リンク)
キャンパスの概要
キャンパスの概要画像
評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

  評価機関 評価年月
国立大学法人評価 国立大学法人評価委員会 2017年06月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
大学機関別認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2015年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
経営系専門職大学院認証評価 公益財団法人大学基準協会 2016年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
法科大学院認証評価 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2013年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生支援

修学支援

○ダブルホーム制による,いきいき学生支援
○入学料・授業料免除,徴収猶予制度
○各種奨学金
・新潟大学学業成績優秀者奨学金制度
・新潟大学修学応援特別奨学金制度
・新潟大学修学支援貸与金制度
・輝け未来!! 新潟大学入学応援奨学金制度(入学前予約型奨学金)
大学ホームページで確認する(外部リンク)

心身の健康に係る支援

○学生相談・健康管理
・保健管理センター
・学生相談
・セクハラ等の各種ハラスメントの防止
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援

○新潟大学への留学
○留学生向け生活情報
○在学中の留学生へのお知らせ
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援(日本人学生への支援)

○海外への留学を希望する学生向け情報
○国際交流データ
大学ホームページで確認する(外部リンク)

障害者支援

○ユニバーサルデザインマップ
大学ホームページで確認する(外部リンク)

就職・進路選択支援

○大学院への進学(大学院紹介)
○特別研究員制度(PD:日本学術振興会)
○ポスドク,博士後期課程学生のインターンシップ
○キャリア形成支援
○就職状況
○各種ガイダンス等の予定
大学ホームページで確認する(外部リンク)
課外活動

クラブ活動の状況

○文化系サークルの紹介
○運動系サークルの紹介
大学ホームページで確認する(外部リンク)

ボランティア活動の状況

学生寮の整備状況

学生寮の有無
所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
【五十嵐寮A棟(男子)】
新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学五十嵐キャンパス(西端)に立地 200 4300
入寮条件
・学部男子学生
・家族の住所から通常の通学方法及び経路による片道の通学所要時間が2時間以上
※入寮者選考は,家庭の経済状況(家計支持者等の収入)を基準として行う
特色
・個室(9.45㎡),食事提供なし
・五十嵐寮A棟・B棟とも,団体生活を充実させ,潤いのある寮生活を求めて,新入生歓迎行事等の諸行事,サークル活動等を活発に行っている。寮内の日常生活上の運営は,寮生が自主的に行っている。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2017年9月29日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
【五十嵐寮B棟(女子)】
新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学五十嵐キャンパス(西端)に立地 200 4300
入寮条件
・学部女子学生
・家族の住所から通常の通学方法及び経路による片道の通学所要時間が2時間以上(特別の事情がある者を除く)
※入寮者選考は,家庭の経済状況(家計支持者等の収入)を基準として行う
特色
・個室(9.45㎡),食事提供なし
・五十嵐寮A棟・B棟とも,団体生活を充実させ,潤いのある寮生活を求めて,新入生歓迎行事等の諸行事,サークル活動等を活発に行っている。寮内の日常生活上の運営は,寮生が自主的に行っている。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2017年9月29日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
【六花寮(男子棟)】
新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学五十嵐キャンパス(西端)に立地 100 13000
入寮条件
・学部及び大学院男子学生
・家族の住所から通常の通学方法及び経路による片道の通学所要時間が2時間以上(特別の事情がある者を除く)
※入寮者選考は,家庭の経済状況(家計支持者等の収入)を基準として行う
特色
・個室(12.46㎡),食事提供なし
・男女居室を明確に区分し、最小限の設備を備えた居室10 室1ユニットを共同生活の単位とし、共用スペースにダイニングキッチン・ 浴室等を設ける。
・各階若しくはユニット毎に大学院生を居住させ、学生、大学院生、留学生が共同生活を送る入居形態とし、コミュニティを醸成するための全体交流スペースを屋内外に設け、入寮者に限らず、全学生、教職員も含めた人的交流の象徴的なエリアとする。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2017年9月29日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
【六花寮(女子棟)】
新潟市西区五十嵐2の町8050番地
新潟大学五十嵐キャンパス(西端)に立地 100 13000
入寮条件
・学部及び大学院女子学生
・家族の住所から通常の通学方法及び経路による片道の通学所要時間が2時間以上(特別の事情がある者を除く)
※入寮者選考は,家庭の経済状況(家計支持者等の収入)を基準として行う
特色
・個室(12.46㎡),食事提供なし
・男女居室を明確に区分し、最小限の設備を備えた居室10 室1ユニットを共同生活の単位とし、共用スペースにダイニングキッチン・ 浴室等を設ける。
・各階若しくはユニット毎に大学院生を居住させ、学生、大学院生、留学生が共同生活を送る入居形態とし、コミュニティを醸成するための全体交流スペースを屋内外に設け、入寮者に限らず、全学生、教職員も含めた人的交流の象徴的なエリアとする。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2017年9月29日現在)