東京農工大学

お気に入り登録

基本情報

大学の基本情報
大学名
東京農工大学
本部所在地
東京都府中市晴見町3-8-1
設立年(設置認可年)
1949
大学の連絡先(代表番号、メールアドレスなど)
042-367-5504
http://www.tuat.ac.jp/contact/index.html
大学の種類
国立・大学
総学生数(学部)
3821
総学生数(大学院)
1869
総教員数(本務者)
401

(2018年5月1日現在)

大学ホームページへ(外部リンク) 大学沿革ページへ(外部リンク) 資料請求へ(外部リンク)
大学の教育研究上の目的や建学の精神
東京農工大学憲章

【前文】
急激な知の拡大と深化、そして、それらがもたらした技術と社会システムの根底からの変化は20世紀を特徴付けるものの一つであった。21世紀を迎えた今日、このような変化はなお継続し、加速しているように見える。高度な知の生産と学習伝授(教育と研究)は、個人・共同体・国家のすべてにとって歴史上いまだかつてないほどに重大な意義を持つようになり、社会全体が文化的・経済的・環境持続的に発展し続けるための不可欠の要素ともなっている。その中で、大学は先端的な教育研究活動を通して、学術・文化発展の中心をなし、その旗手としての存在と役割はこれまで以上に重要となってくる。

東京農工大学は、1874年に設置された内務省勧業寮内藤新宿出張所農事修学場および蚕業試験掛をそれぞれ農学部、工学部の創基とし、1949年に大学として設置され、前身校を含め130年にも及ぶ歴史と伝統を有する大学である。
東京農工大学は、この建学の経緯から、人類社会の基幹となる農業と工業を支える農学と工学の二つの学問領域を中心として、幅広い関連分野をも包含した全国でも類を見ない特徴ある科学技術系大学として発展し、また、安心で安全な社会の構築や新産業の展開と創出に貢献しうる教育研究活動をおこなってきた。

東京農工大学は、自由な発想に基づく真理の探究を目指す教育と研究を展開し、また、科学技術が地球、社会、人類へ及ぼす影響を常に思慮しうる、教養豊かで指導的な研究者・技術者・高度専門職業人を養成するため、その拠って立つ理念と目標を国立大学法人東京農工大学憲章としてここに制定する。

【基本理念】
東京農工大学は、20世紀の社会と科学技術が顕在化させた「持続発展可能な社会の実現」に向けた課題を正面から受け止め、農学、工学およびその融合領域における自由な発想に基づく教育研究を通して、世界の平和と社会や自然環境と調和した科学技術の進展に貢献するとともに、課題解決とその実現を担う人材の育成と知の創造に邁進することを基本理念とする。
東京農工大学は、この基本理念を「使命志向型教育研究-美しい地球持続のための全学的努力」(MORE SENSE:Mission Oriented Research and Education giving Synergy in Endeavors toward a Sustainable Earth)と標榜し、自らの存在と役割を明示して、21世紀の人類が直面している課題の解決に真摯に取り組む。

※東京農工大学憲章の全文は本学ホームページ(http://www.tuat.ac.jp/outline/overview/daigakukensho/)よりご覧いただけます。
大学の特色等
第3期中期目標・中期計画においては、「世界が認知する研究大学へ」を学長ビジョンとして掲げ、世界に向けて日本を牽引する大学としての役割を果たすため
1.世界と競える先端研究力の強化
2.国際社会との対話力を持った教育研究の推進
3.日本の産業界を国際社会に向けて牽引
4.高度なイノベーションリーダーの養成
に積極的に取り組み、卓越した成果を創出している海外大学と伍して、全学的に卓越した教育研究、社会実装を推進する。
教育研究上の基本組織

その他の学内組織

グローバル教育院
図書館
先端産学連携研究推進センター
保健管理センター
総合情報メディアセンター
学術研究支援総合センター
科学博物館
環境安全管理センター
放射線研究室
環境リーダー育成センター
グローバルイノベーション研究院
女性未来育成機構
イノベーション推進機構
テニュアトラック推進機構
教員評価機構
学位審査機構
農学部附属広域都市圏フィールドサイエンス教育研究センター
農学部附属動物医療センター
農学部附属硬蛋白質利用研究施設
農学部附属フロンティア農学教育研究センター
農学部附属国際家畜感染症防疫研究教育センター
工学部附属ものづくり創造工学センター
大学ホームページで確認する(外部リンク)
キャンパスの概要
キャンパスの概要画像
評価結果(認証評価及びその他の評価の結果)

  評価機関 評価年月
平成18年度受審 大学機関別認証評価(適合) 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2007年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成21年度受審 経営系専門職大学院認証評価(適合) 財団法人大学基準協会 2010年04月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成25年度受審 大学機関別認証評価(適合) 独立行政法人大学評価・学位授与機構 2014年03月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
  評価機関 評価年月
平成26年度受審 経営系専門職大学院認証評価(適合) 公益財団法人大学基準協会 2015年04月
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生支援

修学支援

<学生相談>
学生と教員が自由に話し合える場として、学生相談室が両キャンパスにあります。 学業、進路、人間関係、生活上のことなど、何でも気軽に相談に来てください。
相談員は、農学部、工学部の教員がローテーションを組んで担当しています。相談員は学生の話にゆっくりと耳を傾けて一緒に問題を考えてくれます。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

心身の健康に係る支援

<保健管理センターガイド>
充実した大学生活を送るためには、健康の維持・増進はすべての基礎となることを自覚して、自分の健康は自分で注意し、管理していく習慣を身につけていくことが大切です。

保健管理センターでは、定期健康診断をはじめ、応急処置、診察、検査や健康相談、カウンセリングなどを行っています、心身の異常や不調がある場合はお早めにご利用ください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援

グローバル教育院(旧国際センター)、国際交流課、学生総合支援課、各地区学生支援室などで留学生の支援をしています。詳細な情報は大学HPで確認してください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

留学生支援(日本人学生への支援)

グローバル教育院(旧国際センター)、国際交流課、学生総合支援課、各地区学生支援室などで留学を希望する日本人学生を支援しています。詳細な情報は大学HPで確認してください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

障害者支援

東京農工大学では、保健管理センターに特別修学支援室を設置し、障害のある学生に対して各学部・学府及び研究科と連携し、よりよい修学環境で学生生活が送れるように必要な支援サービスを提供します。身体の障害、修学面でのコミュニケーションの困難、その他さまざまな修学上の問題等がありましたら、一人で悩まずに特別修学支援室へご相談ください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

就職・進路選択支援

各学部、学生総合支援課、各地区学生支援室などで学生の就職・進路選択支援を行っています。就職や進学に関する過去の実績や各種サポートについては大学HPでご確認ください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
課外活動

クラブ活動の状況

本学には様々なサークルがあり、活発な活動がおこなわれています。詳しくは大学HPで確認してください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

ボランティア活動の状況

ボランティアサークルについて、詳しくは大学HPで確認してください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)
学生寮の整備状況

学生寮の有無
所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
東京都小金井市中町2-24-16 欅寮(男子寮) 小金井キャンパス隣接地 200 32200
入寮条件
本学学生(外国人留学生を含む)で、経済的困窮度が高い者。(桜寮は日本人学生のみ)
※日本人学生は、経済的困窮度が高く、遠隔地(自宅(実家)から2時間以上)のため通学が困難な者を対象とします。
特色
男子寮(欅寮)

鉄筋4階建て(一部平屋) 平成21年10月・平成22年3月改修竣工
〈定員〉200名
〈寄宿料〉30,000円(月額)
〈共益費〉 2,200円(月額)
〈退去時清掃費〉30,000円(入居時)
〈経常費〉光熱費・水道料等
〈部屋の規格〉1人部屋(17㎡)
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月27日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
東京都小金井市中町2-24-16 桜寮(女子寮) 小金井キャンパス隣接地 18 32200
入寮条件
本学学生で、経済的困窮度が高い者。(桜寮は日本人学生のみ)
※経済的困窮度が高く、遠隔地(自宅(実家)から2時間以上)のため通学が困難な者を対象とします。
特色
鉄筋2階建て 平成21年11月改修竣工
〈定員〉18名
〈寄宿料〉30,000円(月額)
〈共益費〉 2,200円(月額)
〈退去時清掃費〉30,000円(入居時)
〈経常費〉光熱費・水道料等
〈部屋の規格〉1人部屋(14㎡)
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月27日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
東京都府中市幸町2-41 楓寮(女子寮) 府中キャンパス隣接地 48 4300
入寮条件
本学学生(外国人留学生を含む)で、経済的困窮度が高い者。(桜寮は日本人学生のみ)
※日本人学生は、経済的困窮度が高く、遠隔地(自宅(実家)から2時間以上)のため通学が困難な者を対象とします。
特色
鉄筋3階建て(918.99㎡)昭和61年竣工
〈定員〉48名【学部学生、大学院修士学生のみ】
〈寄宿料〉4,300円(月額)
〈経常費〉光熱費・水道料等
〈部屋の規格〉1人部屋(9㎡)

運営:寮生による自治会によって運営されています。自治会の定めたルールを守ってください。また,寮生相互の交流に努め,自治会の企画する行事等にも積極的に参加するようにしてください。

【楓寮 寮長から】
楓寮は自分たちで寮を運営する自治寮です。新入寮生の歓迎会や寮祭、建寮祭、卒業生の送別会などの楽しい行事があります。もちろん、自治寮なので、掃除当番をはじめ、寮生の会議への出席や、寮運営委員となる必要があります。集団生活の難しさもありますが、学科や学年を超えたつながりがあり、寮生一同にぎやかな生活を送っています。
ぜひ、見学に来てください。詳しく知りたい方は「楓寮のしおり」がありますので、学生総合支援課学生支援係までお尋ねください。
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月27日現在)

所在地 学生寮からキャンパスへのアクセス 定員 寮費
(食費込)
寮費
(食費無)
東京都府中市幸町2-48-1 檜寮 府中キャンパス隣接地 111 40000
入寮条件
【入寮対象】本学学生(外国人留学生を含む)で、経済的困窮度が高い者。(桜寮は日本人学生のみ)
※日本人学生は、経済的困窮度が高く、遠隔地(自宅(実家)から2時間以上)のため通学が困難な者を対象とします。
特色
平成28年8月に府中キャンパス隣接地に完成しました。
1~3階(75室):男子寮/4~5階(36室):女子寮

鉄筋コンクリート5階建て 平成28年8月竣工
〈定員〉男子 75名(1~3階)/女子 36名(4~5階)
〈寄宿料〉37,800円(月額)
〈共益費〉 2,200円(月額)
〈退去時清掃費〉30,000円(入居時)
〈経常費〉光熱費・水道料等
〈部屋の規格〉1人部屋(16㎡)
大学ホームページで確認する(外部リンク)

(2018年7月27日現在)

入寮者募集要項、空室情報は本学サイトをご覧ください。
各学生寮の備え付け家具、家電、共有スペース等の詳細情報も掲載しています。
http://www.tuat.ac.jp/campuslife_career/campuslife/fukurikousei/gakuryo/